Googleカスタム検索

私の好きな日本酒ブログ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Qchanpapa

  • 日本酒
無料ブログはココログ

試飲会

2017年5月 3日 (水)

福井県の小さな蔵は個性豊かでした。

各県の酒造組合が主催する日本酒のイベントは沢山ありますが、その中で最も大きいのが新潟県酒造組合が開催する「酒の陣」です。このイベントは毎年3月に行われ、試飲して気に入ったものがあれば、その会場で購入できるのが気に入って、毎年参加してきましたが、年々参加者が増えて入場するだけでも1時間以上並ばなければいけない状態になってきました。また場内も満員電車の中の混み具合となって、ゆっくりお酒を嗜む状態でなくなってきていました。 

そこで今年は酒の陣の参加をやめて、その後に行われる福井県酒造組合が開催する「春の新酒祭り」に参加することにしました。福井県のお酒を飲むのは2013年に東京の椿山荘でおこなわれた「蛍と夕べの会」以来のことですが、その時の様子は下記のURLをご覧ください。
http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-c1dc.html
 
春の新酒祭りは福井駅から少し離れた田原町にあるフェニックス・プラザでおこなわれました。この会はたぶん今年で9回目になるほど地元に定着したイベントとですが、毎年フェニックスホールの1階にある大ホール(最大2000名入場可能)でおこなわれています。僕は初めての参加でしたが、入場前に30分以上待つほどの人気があり、予想以上の混雑ぶりでした。
 
ここがフェニックスプラザの入り口です。
 
Dsc_0882_2

下の写真がホールに入る前の通路で、出品したお酒の一部が買えるのですが、ブースの所で買うのとは違って、会場を出ると気に入った酒がどれだったかわからなくなるので、買いずらいと思いました。僕は結局買わずじまいで終わりました。
 
Dsc_0883
 
会場はさすがに広かったですが、会場のレイアウトが判らないし、出品されたリストもないので、どうやって飲もうかさすがに困ってしまいました。蔵のブースが会場のどこかにあるかは書いてあったのかもしれませんが、新潟酒の陣のように、入場する時にレイアウト図を手渡してもらいたいものです。来年以降ぜひとも改善してもらいたいと思いました。参加した蔵は椿山荘の17蔵より多い24蔵でした。
 
50dbcb4d9d07e7e99a2ea17354d4c814 
 
会場に入ってみますと人気のある黒龍や梵の蔵には試飲したい人がすらりと並び、それをかき分けて他の蔵を探すという状態でした。結果的には人が並んでいない蔵のお酒だけを飲む形となりました。帰りの電車の都合で2時間半の短い時間でしたが、小さいけど面白い蔵を見つめましたので、それを中心にご紹介することにします。
前の日に訪問した田邉酒造や美川酒造場ももちろん出店していましたし、どちらも小さな蔵ですが、この二つはブログに書きましたので、興味のある方はそちらを見てください。
田邉酒造
美川酒造場
 
1.原平酒造
 
源平酒造は九頭竜川の上流の大野市にあり、ここは北陸の小京都とよばれる歴史と文化を今に継ぐ城下町で、四方を山々に囲まれた緑と水の豊かな場所です。名水百選に選ばれた「御清水」があるので、酒造りに適したところで、いまでの4つの蔵が存在しています。その中にあって、300年以上の歴史がある由緒ある蔵が源平酒造です。
 
昭和の時代は日本酒ブームで、この蔵の売り上げも1億5千万以上もあったようですが、平成に入って日本酒離れが始まり、年々売り上げが下がり経営の苦しい状況が続き、その中でも2008年には全国新酒鑑評会で、2009年には金沢国税局酒類鑑評会で金賞を取るなど努力をしてきましたが、20010年についに売り上げが5000万円を切ることにjなり、事業継続は難しいと民事再生手続きを取ることになったようです。
 
その後株式会社アーキクリエイション(東京の南大塚に本社を持つ会社)がスポンサーとなり、再生活動が始まり社長の荻原さんが代表となり、蔵人も外から集めて新しい体制がスタートしたのが2012年です。その後2013年にはワイングラスでおいしい日本酒アワードで金賞を受賞するなど、着実に動いているようですが、現在の生産高はまだ100石前後のようです。
 
Dsc_0894_2 

写真の方は新しく三重県から来られて杜氏になられた眞野さんです。持っていただいたのは6段仕込みの純米大吟醸蝶ラベルです。醪の仕込みは通常初添え、仲添え、留添えの3段仕込みで行いますが、さらに3段追加する方法を6段仕込みと言います。真野さんのお話ではこれは偶然生まれた方法だそうで、社長からもう1本仕込んでくれと言われたけど、時間がないので、さらに3段追加したら面白い味になったので、この方法が定着したようです。でもその仕込み方は秘密のようです。

飲んでみると最初に甘い香りがするけどしっかりした味わいの中に辛みも感じながら消えていく独特のバランスのお酒でした。最初のうまみと後味の引き締まりのあるお酒なので、しっかりしたお料理にもある食中酒として面白いように思えました。まだまだ生産量は小さいけどこれからどんな変化を示すか楽しみな感じです。 

2.鳥浜酒造
 
鳥浜酒造は若狭湾の中の三方五湖の三方湖の近くにある蔵で、大正9年に若狭の町民50人が出資してできた会社で、初代は小堀彦五郎さんが社長でスタートして、その後小堀家が歴代社長を継いできていますが、株式会社なので誰が社長でも良かったようです。
 
現在の社長は5代目の小堀康彦さんですが、康彦さんの父の茂彦さんの代に最盛期を迎えたようで、蔵人が7-8人くらい働いていたそうですから、1000石近い生産高があったかもしれません。しかし平成の時代になると生産量が少なくなり、安彦さんが蔵に戻った平成7年には経営が厳しくなってきたそうです。そして平成11年に父が亡くなり、安彦さんが社長になったのですが、経営はさらに悪化していたので、平成14年に廃業を提案したそうです。
 
ところが株主から増資をするので酒造りを続けるように懇願されて、平成15年に造りを再開したそうです。蔵の建物は土蔵・木造2階建ての近代の清酒醸造工場としては貴重な建築物で登録有形文化財なので、観光地として蔵の見学ができるようにか改造したり、従来のお酒とは違った新しいブランドの「鳥濱」を出すなどして今日に至っています。経営は少し安定してきていますが、現在の生産高は120石程度だそうです。
 
Dsc_0896

写真の方が社長兼杜氏の小堀安彦さんで、持っていただいたのは「鳥濱五百万石50%精米の純米吟醸です。飲んでみるとしっかりとした旨みで、酸味はすくなく最後に軽い渋みでバランスしています。味付けの濃い料理に合いそうです。この地方は川魚が主流でその濃厚な味付けに合うお酒として、甘口の「加茂栄」が主流だったのを少し飲みやすくしたもののようですが、それでもしっかりした味わいでした。その秘訣はと聞いてみたら、秘密だけど、酒母造りに工夫をしているとのことでした。 
 
3.雲の井 吉田金右衛門商店
 
この蔵は福井市の中心から西北西に12㎞程東尋坊の方に行った九頭竜川の西域の小高い丘陵地帯にある佐野市にあります。越前海岸に近く海の幸に恵まれている地区で、酒造りは盛んでかっては杜氏を出した地区でもあるそうです。
 
蔵元は代々地主の家柄で、江戸時代からあったそうですが、酒を造り始めたのは明治4年だそうです。福井県は精米は共同精米と聞いていましたが、この蔵は地元の五百万石と山田錦を中心に、全量自家精米でやっているそうですから、酒質の管理には非常に気を使っているように思えました。すべて小仕込みで、蔵内平均精米歩合が55%の純米の特定名称酒のみを造っているそうです。生産高は200石たらずで少ないですが、日本名門酒会の会員だそうですから、知る人は知る蔵なのでしょう。
 
Dsc_0900

写真お方は社長兼杜氏の吉田和正さんで、、杜氏歴の15年近くになるベテラン杜氏です。かなりこだわりの酒造りをしていて、麹造りは突き破精で丹念に小箱でやるとか、速醸でもしっかち打瀬を取るなど、徹底した吟醸造りにこだわっているようです。持っているのは雲の井の山田錦の純米大吟醸の袋撮り熟成生原酒で、一般には出回っていないようで、自慢の秘蔵酒かもしれません。香りはそれほど高くはないけど、テクスチャーも柔らかく、バランスの良いうまい酒でしたので、もし見つけたら絶対買いですね。 

4.華燭 豊酒造
 
豊酒造は鯖江市下野田町にある蔵で、ここはJR鯖江駅から西に2-3km行ったところになります。創業は1753年だそうですからとても歴史のある蔵です。華燭とは珍しい銘柄ですが、華燭とは会津の絵蝋燭のことをいうそうですが、おめでたい時のお祝いに使うもののようで、8代目の当主の時に大正天皇のご成婚を祝ってつけたらしいです。現在の生産高は300石レベルのようです。
 
下の写真の左の方が11代目の蔵元の佐々木宗利さんです。丹波、新潟、能登の杜氏のもとで、15年間修業をした後、2002年から杜氏として、蔵を引っ張ってきていました。右の若い方は息子さんの克宗さんで、茨城大学の農学部を出た後、蔵に戻って父から酒造りを学び、今年から杜氏として酒造りを始めたそうです。 
 
僕はたまたま2000年に蔵を訪れたことがあるのですが、その時宗利さんが蔵に眠っていた珍しいお酒を飲ませていただいたことが強く印象に残っています。ですから熟成酒に経験が豊富な方だなとは思っていました。
 
Dsc_0898

持っていただいたのは平成8年のお酒で20年古酒ですか、見ての通り色がほとんどついていないのです。本当に古酒ですかとお聞きし飲んでみました。熟成の香りは少ししますが、飲んでみるとめちゃめちゃ柔らかくて、バランスのいいお酒に仕上がっていました。いくらなら買ってくれますかと聞かれたので、1万円でも買いますよとつい言ってしまうほどでした。
 
実はまだ市販していないお酒で、今年に販売する予定だそうで、出たらすぐ買いたいですね。あまり熟成が進んでいないので何℃で熟成しているのですかと、聞いたらなんと20℃以下の室温だそうです。さらにどうしてこんなお酒ができるのですかときいたら、一つは密閉型の琺瑯タンクの熟成させていることと、作り立てのお酒には味を乗せないで淡麗に作ることだけですよというお話でした。このお酒は五百万石60%精米で酵母がM31だそうなので、とても価格を1万円にはできないから、いくらにするかな?おっしゃっていました。
 
この蔵の熟成の技術はすごいと思いましたが、世間ではまだあまり知られていないような気がします。世の中には熟成古酒ランキングというのがありますが、調べてみたらまだ載っていません。でもとてもいいお酒ですので、ぜひ飲んでみてください。
 
5.白龍 吉田酒造
 
吉田酒造は黒龍のある永平寺町にありますが、同じ町ですが黒龍よりは九頭竜川のずっと上流にあります。創業は1806年といわれていますので、約200年以上の歴史のある蔵で、白龍という名をずっと引き継いできています。白龍とは九頭竜川の白く泡立つ激流を白い龍となぞらえたものだそうです。
 
歴史は長いのですが、6代目の蔵元となった吉田智彦さんが蔵を引き継いだ時は福井県の中では最も小さな蔵と言われたほどだったそうです。智彦さんは東京農大を卒業後国税局農業試験所で酒造りを勉強し蔵に入ったのですが、まずやったのが自社田で山田錦を栽培することだったようです。最初は生産量が少なかったのですが、完全熟成堆肥を使って、生産量が安定したそうで、その後順調に生産が伸び、現在ではお酒の生産量も430石になっているそうです。
 
ところが昨年突然智彦さんがなくなり、現在は奥様の由香里さんが社長となり、娘さんが酒造りをしていますが、まだ杜氏見習い中だそうです。
 
Dsc_0901

中央の方が由香里さんです。持っていただいているのは自家田の山田錦60%精米の山廃仕込みの特別純米原酒です。山廃仕込みは得意な蔵ではないそうですが、このお酒は評判が高く、このイベントで人気になったお酒のひとつのようです。うまみと酸のバランスが良く、後味の奇麗なお酒でした。ご主人をなくして、大変な状態なのでしょうから、ぜひみんなで応援しましょう。
 
6、福千歳 田嶋酒造 
 
この蔵は福井市の中ですが、福井駅から西に1㎞弱行った足羽川のほとりにあります。創業は1849年ですから江戸時代末期だそうですが、その場所は今の地ではなく今よりずっと西のはずれの清水町にあったそうです。そして今の地に来たのが昭和28年で、その時から町に名前(今はその名前はありません)の千歳を取って福千歳という銘柄が誕生したようです。
 
酒造りは昔から能登杜氏が来て行ったそうで、昭和51年までは全量山廃つくりだったそうです。昭和51年以降に初めて速醸のお酒を仕込むようになっていますが、やはり一押しは山廃でしょう。そのお酒も今変わろうとしています。それは蔵の跡取りの田嶋雄二郎さんが蔵に戻ってきたからです。
 
Dsc_0893_3

この方が雄二郎さんで、東京農大を卒業後、蔵に戻ってきたのが6年前で、杜氏となったのが2年前だそうです。雄二郎さんがやりたい酒造りは以下の3つです。
 
  • 1.楽しみながら常にチャレンジして、笑顔になる蔵造り 
  • 2.福を呼べる酒造り(実際に喜んでいただける商品作りなど) 
  • 3.オンリーワンな酒蔵(ライスワイン、サクラロックなど) 
  • 持っていただいたのが左手に山廃純米大吟醸で、右手に持ってもらったのがサクラヌーボ生原酒です。山廃純米大吟醸はという名が、山廃純米吟醸はという名がつけられていて、ラベルもとわかり易くなっています。いずれも福井県産の越の雫というお米を使っていて、自家製酵母田嶋2号(9号系)を使った山廃つくりで精米だけが違います。この山廃の酸度は1.7もありますが、穏やかで、テクスチャにとろみがあってなかなかのお酒でした。 

    サクラヌーボはさくら酵母を使ったお酒で、生原酒はアルコール度数が19もあるので、ロックがいいように思えました。サクラヌーボにもいろいろな種類を造っているので、飲むときは要注意です。この酵母は農大時代に自ら開発した酵母なので、思い入れが強いようです。いずれにしてもこの蔵は雄二郎さんがこれから舵を取っていくのでどのように変わるのか楽しみです。蔵の生産高は聞きませんでしたが、雰囲気では500石ぐらいでしょうか? 

    7.越の鷹 伊藤酒造
     
    この蔵は福井駅から西北に九頭竜川を10㎞程下って行った江上町にあります。創業は明治27年ですから、すごく古い蔵ではないようです。歴史についてはホームページにあまり記載されてはいませんが、写真を見る限り昔からの酒屋で趣を感じる雰囲気を感じました。でも、設備は昔からのものをつかっているようですが、お酒の質は新しさを感じるように思えました。実際はどうなんでしょうか。
     
    現在の杜氏は下の写真の伊藤抵治さんです。伊藤さんは東京農大を卒業され他の仕事についたのですが、蔵の杜氏が他界したので、急遽蔵に戻ってもう約20年になるそうです。蔵に戻った時は借金まみれで、経営も苦しく、特定名称酒は一切なく普通酒しか作っていなかったので、営業にまわっても相手にさせす途方に暮れたそうです。
     
    そんな時に常山の元社長に励まされて一念発起し、新しい酒造りの勉強を色々方に教わり、特に食品加工研究所の久保先生のお力を借りて科学的に醸造する方法を取り入れたそうです。そうして生まれたのが純米吟醸酒越の鷹だそうです。
     
    Dsc_0899

    目指す酒造りは福井県の米と福井県の酵母を使ったお酒でちょっと濃厚さもあるがフルーティでシャープなお酒を目指しているそうです。持っていただいたお酒は最近福井県が開発した酵母のFK-80を使った純米大吟醸です。お米は越の雫100%使用で、精米歩合は50%だと思います。この酵母は昨年開発されたばかりでこの蔵以外では使用されていないとのことでした。 

    飲んでみるとカプロン酸の香りと酢酸イソアミルの香りのするフルーティなであるけど切れの良さもあるお酒でした。FK-80酵母をインターネットで調べてもまだ出ていません。こんな酵母をいち早く導入できるのは、伊藤さんならではのことではないでしょうか。きっと経営の方も順調なのでしょうね。生産量は聞き損ないましたけど、200~300石ぐらいではないでしょうか。
     
    「春の新酒祭り」に出展した蔵の中で、生産高500石以下と小さいけど頑張っておいしいお酒を造っている蔵を見つけて紹介いたしました。他にも同様な蔵もあったと思いますが、たまたま出会って気に入った蔵を紹介したので、見逃している蔵もあるとおもぃますがご容赦願います。
    僕は日本酒を愛するものとして、日本の日本酒業界全体のレベルを上げるためには、大きな蔵のレベルアップはもちろん必要ですが、小さな蔵が良いお酒を造ることが全体を引き上げるベースになると信じていますので、小さな蔵で、いいお酒を造る努力をしている蔵を見つけたら紹介していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
     

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしていただくとブログ村のページに戻ります。これでポイントが増えます。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしてもポイントは増えませんので、PC-Modeにしてからクリックしてください。よろしくお願いします。

    2016年9月 5日 (月)

    青森県の小さな蔵はレベルが高い

    久しぶりに青森県の酒造組合が主催する「青森の地酒の会」に参加しました。僕が参加した青森の地酒の会は2009年の11月に代々木の新日鉄の研修センターの食堂で開かれたときですから7年前になります。その時のことは下記のブログに書いてありますが、まだ駆け出しのころに記事なので、内容の浅いものですが、懐かしい人もおられると思いますので、良かったら見てください。 

    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/part-3d82.html 

    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/part2-8ab6.html 

    その後、現在の池袋のメトロポリタンホテルでやるようになったのは、いつ頃からかはわかりませんが、ほかの行事と重なって行きそびれていましたので、今年は何としても参加したいということで、昼間行われる1部のきき酒商談会と夕方から行われる2部のサマーナイトイン東京の両方に参加しました。 

    今回の目的は今まで僕のブログで取り上げていなかった蔵、特に生産高1000石以下の小さな蔵で僕が気に入ったところを取り上げてみたいと思って参加しました。ですから、いつもお世話になっている田酒の西田酒造店、陸奥八仙の八戸酒造、桃川㈱、じょぱりの六花酒造は取り上げませんでしたので、ご容赦ください。 

    また蔵の生産高は小さいけど以前詳しく紹介しました華一風のカネタ玉田酒造店と岩城正宗の竹浪酒造は下記のブログを見てください。かなり詳しく紹介しています。 

    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-8973.html 

    今回の記事はほとんど第1部での取材でお聞きしたことやインターネットで調べたことですので間違いがあるかもしれませんが、ご容赦願います。また、僕のような日本酒ブロガーが1部に参加することは許されることかどうかはわかりませんが、このような取材は2部では殆ど不可能なので記事を書いたことでお許しください。 

    結局これから7蔵を紹介することになりますが、これで僕としては青森県のほとんどの蔵を紹介したことになりました。驚いたのは青森の小さな蔵はレベルが高いことでした.。その一端でも紹介できればと思っております。ブログを書くにあたって調べているうちに、青森県の酒造組合にお願いをしたいことがあります。それは青森県の蔵MAP一覧を造ってほしいことです。 

    蔵の紹介の前に、青森の酒米を紹介します 

    1.華吹雪 

    青森県の酒造好適米は昭和43年の「古城錦」に始まり、「豊盃」へと受け継がれてきましたが、酒造適性はあったものの耐冷性や耐病性が低いという欠点があったので、昭和61年に新しく生まれたのが「華吹雪」です。母方おくほまれ、父方に系103号をもつお米ですが、耐冷性があので、青森県で広く栽培されて最近では県外でも栽培されているようです。 

    2.華想 

    「花吹雪」は純米酒用の酒米としては評価されましたが、高精白には向かず吟醸酒や大吟醸酒には山田錦を使用されることが多かったので、新しく開発された酒米が「華想い」です。母方が山田錦、父方が花吹雪で、平成14年に開発され、山田錦に匹敵する酒造適性があるものの、耐病性に弱いため、その作付は弘前地区に限定し県内酒造メーカーに限定して原料供給を行っているそうです。しかし、その酒造適性は高く評価されています。 

    3.華さやか 

    耐病性が強く、玄米品質が高い酒造好適米を目指して平成9年に「黒1900」を母に「岩南酒13号」を交配して開発が始まり、平成26年に登録されたのが「華さやか」です。この米の蛋白質量はそんなには少なくないですが、お酒にするとアミノ酸が通常の半分くらいに減少するために軽やかなワイン風のお酒となるのが特徴です。平成26年に「華さやか」ブランド推進協議会が設立され知名度を高める取り組みが始まったばかりのお米です。 

    4.まっしぐら 

    まっしぐらは青森県の飯米として平成18年に生まれたお米で、県産米の食味、品質にまっしぐらに農家が取り組んでいく気持ちを付けて命名されたそうです。現在は青森県の看板商品として県下全域で作付されており、手に入りやすいので酒米としても使われております。 

    それでは蔵の紹介に進みましょう

    1.白神酒造 白神(しらかみ)

    この蔵は弘前市にあるといっても弘前駅からは離れていて、駅から西に10kmほど入った白神山地の麓の岩木川のほとりにあります。なんでこんな奥に造り酒屋があるのかと思うほどのところらしいですが、岩木川の鮎を捕る人たちのために酒造りを始めたらしいです。創業は良くわかりませんが、昭和63年に西澤酒造店から白神酒造に社名を変更したようですがその辺の経緯はわかりません。 

    白神山地から湧き出た水を使った酒造りはこの地の自然をコンセプトに自然と食文化をテーマに酒造りをしているそうです。 

    Dsc_0339_2写真方が社長兼杜氏の西澤誠さんです。西澤さんの酒造りの経験は若いころ弘前の六花酒造で修行をしただけで、ほとんど蔵の前杜氏のもとで酒造りを手伝って身につけたそうです。 

    酒造りは弟と仲間数人で取り組んでいるそうですが、去年の冬に火事を出して蔵を全焼し、まだ再建ができていないので大変苦労しているそうです。現在、現会社設立の時にもお世話になった六花酒造の場所を借りて造っているそうですが、今年になってやっと全銘柄の出荷ができるようになったとのことです。生産高は300石とのことでした。 

    持っていただいたのは山廃純米酒ですが、山廃つくりは自然酒の基本として勉強のために作り続けているそうです。ここの山廃は山廃らしい香りや酸味をあまり感じさせないお酒でした。本当は白神山地で採取して培養した酵母を使いたいのですが、まだ野生酵母のままで強くなっていないので、使えないそうです。現在は14号酵母を使っていますが、火事の前は7号酵母と山形酵母と14号酵母のブレンドをしていたそうです。 

    Dsc_0338

    僕はこの蔵のお酒を知ったのは7年前のこの会で、その時の華想いの大吟醸のバランスが素晴らしくてその印象が強かったので今回も飲んでみましたが、トロッとした旨みは相変わらすあって気に入り、社長に確認しましたが、確かにあの時の出来は素晴らしく、それに比べればまだまだとのことでした。社長としてはもっとキレを出したかったようです。早く自分の蔵で酒造りができるようになれば、いいですね。頑張ってください。 

    2.鳴海醸造店 稲村屋、菊の井 

    この蔵は弘前駅から東に行く弘南鉄道の終点の黒石市にあります。創立は古く江戸時代の後期の1806年で、黒石市で最も古い歴史を持つ蔵だそうです。代表銘柄は菊の井ですが、これは2代目当主の稲村屋文四郎さんが菊の花をこよなく愛していたからつけた名前だそうです。 

    蔵はとても歴史があり、立派な母屋や庭園はは黒石市の文化財の指定を受けるほどですが、生産量は350石と小さな蔵です。現社長は7代目の鳴海信宏さんで、杜氏も兼務されています。 

    Dsc_0351_2写真の方が鳴海信宏さんです。信宏さんは東京農大の醸造学科を平成2年に卒業され、酒類問屋で3年務めた後、平成5年に蔵に戻られ、蔵で修行された後平成19年から杜氏をされています。学校の同期には松の寿の松井さんや川中島の千野麻里子がおられるそうです。 

    持っていただいたのは菊の井の純米吟醸「華さやか」です。華さやかは青森県でもまだ使用している蔵は少ないそうですが、蛋白質からアミノ酸に代わる量が普通の米より半分くらいと少ないので、後味が綺麗で軽やかなお酒になるそうです。飲んでみると口に含むとぱっと横に膨らむ感じで、余韻が綺麗なお酒でした。 

    信宏さんが杜氏になってから数々の賞をとっていますが、特に圧巻だったのは去年の青森県清酒鑑評会の吟醸酒部門と純米酒部門で青森県の知事賞を取った上に、青森県産米部門でも産業技術センター理事賞を取り、見事青森県の3冠を達成しました。全国新酒鑑評会でも2年連続金賞をとっています。 

    ですから、彼はすごい腕の杜氏ですが、お会いしてお聞きすると、口下手なのか、なかなか自分の言葉でお話していただけませんでした。無理やりこれからどんなお酒を造りたいかをお聞きしますと、酒造りの中で一番大切なのは麹造りですが、それだけでなくすべてに気配りをした品質の良いお酒を造りたいそうです。そして余韻が素敵で飲んで楽しいお酒を造りたいとのことでした。その彼が今回持ってきたお酒の中では華さやかが好お気に入りだったそうです。 

    その彼が去年から販売したのが屋号からつけた稲村屋です。飲んでみましたがお米のうまみを感じるお酒でしたが、僕は華さやかのほうが好きでした。最後に信宏さんにお願いがあります。鑑評会用のお酒の酒米を今までの山田錦をやめて、青森県の酒造好適米でチャレンジしていただけませんか。青森のお米と青森の酵母で金賞を取れれば、県の誇りになるのではないでしょうか

    3.鳩正宗㈱ 鳩正宗  

    この蔵は十和田町から3kmほど東に行ったところにあります。僕は十和田湖に近いのかと勝手に思っていたのですが、むしろ六戸町の西6kmぐらいのところにあり、奥入瀬川の下流の相坂川の近くにあります。 

    創業は明治32年に稲本商店の醸造部として発足し、創業当時は「稲生正宗」の銘柄で親しまれていましたが、昭和初期に蔵の神棚に住み着いた一羽の鳩を守り神として大切に飼ったことから「鳩正宗」となったようです。 

    Dsc_0353_2ブースには杜氏の佐藤企(たくみ)さんがおられました。佐藤さんは昭和63年に東京農大農学部農学科(醸造学部ではなく米つくりの方が専門)を卒業されました。当時、鳩正宗の蔵人であった父の仕事に興味を持ち、すぐ鳩正宗に入社されたそうです。その後酒造りの修業をして平成16年に十和田市初の南部杜氏になりました。 

    その後平成23年には青森県卓越技能者に、平成26年には青森マイスターになっています。また平成24年から始まっている青森県の代表する4蔵の杜氏の技術交流会であるFuture4の杜氏としても活躍されています。この蔵は青森県では過去20年間で2番目に金賞受賞回数の多い蔵ですが、これは佐藤さんの努力の結果だと思います。 

    佐藤さんにこれからどんな酒造りを目指しますかとお聞きしたら、

    ・ お米の味が出ていて、口に含むと米の旨みが広がり後味がスッと消えていくおだそうで、

    その時使う酵母はどうしているのですかとお聞きしたら 

    ・ 青森県産のお米には青森酵母のまほろば
    ・ 純米酒には香りが抑えぎみで旨みと酸のバランスの良い金沢酵母
    ・ 大吟醸には香りを出す18号酵母と金沢酵母のブレンド
     

    をしているそうです。佐藤さんにお米の違いを教えてもらうために純米大吟醸華想い45と純米大吟醸山田錦48を飲ませてもらいましたが、機想いは味はしっかり出ていて旨いお酒でしたが、山田錦は旨さはしっかりあるのですが、品があってちょっと格が違う感じがしました。このようにお米の違いをきちっと出せるのは佐藤さんの腕なのでしょう。気に入りましたので両方のお酒を持ったお姿を写真に撮りました。 

    これからどんなお酒を造られるのか楽しみですね。 

    4.盛田庄兵衛 駒泉 真心 

    この蔵は古くから馬の産地として有名な七戸町にあり、東北新幹線の七戸十和田駅から南へ3kmほど下がったところにあります。 

    この地は平安時代から馬の産地として栄え、昔からにぎわった土地でしたので、江戸時代には近江商人がこの地に入っていたそうで、この蔵を創業した盛田庄兵衛も近江商人がルーツだそうで、創業は1777年という老舗の蔵です。生産高は800石です。 

    銘柄の駒泉は馬の里に清らかな水がわいているということから命名されたそうで、昔から心を込めた酒造りがモットーのようです。 

    Dsc_0347写真の方は営業部長の町屋大輔さんで、冬は蔵人としても頑張っているそうです。この蔵の杜氏は社長の盛田卓次さんで、東京農業大学醸造学科発酵化学研究室 卒業で国税局の研究者として全国新酒鑑評会の審査員でおられた方だそうで、青森県の青森マイスター第1号だそうです。 

    そんなすごい人が造った酒はどんな酒なのでしょうか。純米大吟醸の真心はちょっと変わった複雑な味のするお酒でした。お米は華想いですが、酵母は協会9号と10号のブレンドだそうです。 

    特別純米酒の作田は作田地区で栽培したレイメイという飯米で作ったお酒でアルコール度数が14度でしたが、飲みやすいけどしっかりした味を出していて、のど越しが素直な酒でした。こんなお酒を造れるのは杜氏の腕でしょうね。町屋さんに持っていただきました。 

    山廃純米酒吟醸はこれまた山廃らしくない飲みやすく酸度は1.7もあるのに酸をあまり感じさせない山廃なので、山廃を期待すると裏切られるかもしれません。 

    全体的に素直で飲みやすいお酒が多かったけど、一つ一つは工夫をされていて、これらのお酒をどういう狙いで作られたのか社長にお聞きしたかったです。 

    5.菊駒酒造 菊駒 

    この蔵は六戸町から南へ10kmほど下がった五戸にあります。この地も馬の産地として有名な場所のようです。 

    創業は明治43年で4代目三浦久次郎によって三泉酒造合名会社を設立しましたが、昭和に入って菊造りの名人であった久次郎は馬を意味する駒と組み合わせた「菊駒酒造」に名前を改めたようです。 

    5代目三浦久次郎は広島高等工業醸造学科を卒業後、東京国税局で酒類鑑定官をしていたほどの人で、蔵に戻ってからは酒造りに邁進し通算26回も全国新酒鑑評会の金賞をとっています。孫には酒造りの心を伝えていたようです。 

    現社長は7代目三浦弘文さんですが、この方は東京農大の醸造学科(青森には東京農大卒が多いですね)を卒業された後、東京の地酒専門店で修行をされ、平成20年に蔵に戻っています。そして詳しい事情は分かりませんが、平成22年に29歳の若さで社長となっています。杜氏は別におられますが、ここ20年間は全国新酒鑑評会で賞をとっていないということは出品していないようです。どうしてなのか、興味深いですね。 

    Dsc_0346写真お方はお名前はわかりませんが、営業の方のようです。杜氏も社長もブースにはおられなかったので、あまり造りのことはお聞き出来ませんでした。 

    この蔵のお酒は味噌仕立てのさくら鍋に合うお酒だそうですが。、最近は若い人がグラス一杯で満足するような華やかでさわやかなお酒も目指しているとのことでした。 

    持っていただいたのは菊駒の純米吟醸搾りだて生原酒です。華想い50%精米M310酵母のお酒で、香りも適度にあり余韻がうまく残り爽やかできれいなお酒でした。このお酒が若者向きなのかな。 

    酵母については吟醸はM310で、純米酒は10号酵母を使っているそうで、通常のお酒は2回火入れが多いそうです。 

    この蔵の現在の生産量は5~600石すが、昔は設備も近代化して生産量も大きかったようで、弘文さんが戻って手造り主体の作りに変えたようです。 

    この酒造りのお酒には社長の思いを感じられるので、社長とお話ししたかったけど、お会いできませんでした。 

    6.尾崎酒造 安藤水軍 神の座 

    この蔵は青森県の津軽半島の西海岸側の付け根にある鯵ケ沢駅から西に2kmほどいった日本海に面したところにあります。 

    創業は江戸時代の末期の1860年だそうで、津軽藩発祥の地として歴史的にも古いところなので、それ以降長年続く技術を守って酒造りを続けてきたようです。安藤水軍という銘柄が生まれたのは昭和63年で比較的新しく、それまでは白菊という銘柄だったそうです。 

    安藤水軍とは12世紀後半から15世紀にわたって、唐との貿易で栄えた貿易港(現在の十三湖付近に津軽十三湊があったらしい)を築いた水軍です。平泉の金色堂は安藤水軍の支援があってできたともいわれるほどの勢力を持っていたようです。 

    青森県西海岸にはこの蔵1件しかないので、西海岸を代表する安藤水軍をお酒の銘柄にしたのは理解できますね。 

    Dsc_0332

    写真の左の方は社長兼杜氏の尾崎行一さん66歳で右の方は息子さんです。以前は南部杜氏が来ていたそうですが、今では自分たちで酒造りをしているそうです、。生産高は300石だそうですから、家族で頑張るしかないですよね。 

    尾崎さんは若いころ岩手県の大手の蔵の岩手川(今はもうないそうです)で1年修行をし、函館のお酒問屋で2年修業をして蔵に戻っただけで、ほとんど蔵で酒造りを覚えたそうです。息子さんは山形の出羽桜酒造で研修したそうです。 

    持っていただいたのは山廃純米と純米吟醸です。この蔵はほとんどが速醸ですが、酛つくりの勉強のために山廃を作っているそうです。 

    山廃はお米は麹米が華想いと掛米がまっしぐら、精米が60%、日本酒度+3.3、酸度1.6で、軽やかな酸味の中に米の旨みが感じられるお酒でした。純米吟醸はお米が華想い精米50%、日本酒度+4、酸度1.4ので、まろやかな味わいが良かったです。お話に夢中になって、神の座を飲みそこないましたのが残念でした。 

    7.関乃井酒造 寒立馬 北勇 純 

    この蔵は下北半島の南にあるむつの市内にありますが、下北半島では唯一の蔵です。 

    創業は明治24年で創業以来地元に人に愛される地酒造りを目指してきました。生産高は400石のようですが、下北半島以外にはほとんど流通していないようです。 

    この地は3方海にかもまれた場所なので、地元の豊富な食材を生かした、食事が美味しくなるようなお酒、つまりあじの濃いお酒造りをしているとのことでした 

    Dsc_0354写真お方は工場長の金澤武人さんです。持っていただいたのか純米吟醸の寒立馬です。寒立馬はむつ市の隣の東通村で生育している軍用馬で、一時絶滅の時期があり、その復活を願ってつけられた名前だそうです。 

    酒質はお米はまっしぐら60%精米、日本酒度+5、酸度1.7で飲んでみると口に含んだ時のふくらみが少なく、フラットに味わいが広がりスッと消えるお酒でした。 

    大吟醸 北勇至は華想い40%精米、日本酒度4.5、酸度1.2はなかなかいいバランスで、どんとは膨らまないけど綺麗に消えていくお酒でした。 

    この蔵はほとんどは地元用の普通酒が多い蔵のようで、お酒の酒質は上記の酒とはだいぶ違うようです。 

    以上で1部の会で発見した青森のお酒の紹介を終わりますが、青森の小さな蔵は造りがしかっりしていて、レベルが高いので、これから注目していきたい県ですね

    2部はいろいろな蔵のお酒を飲んで楽しみましたので、お酒の紹介はやめで写真だけお見せします。 

    会場はレイアウトが変わっていて、中央に蔵のブースがまとまって陣どっていて、周りはお客様の着席テーブルと余興の舞台が設置されていました。 

    Dsc_0358

     1部ではお会いできなかった西田社長とお写真を撮ることができました。

    Dsc_0362

    以上で終わります。

     にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしていただくとブログ村のページに戻ります。これでポイントが増えます。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしてもポイントは増えませんので、PC-Modeにしてからクリックしてください。よろしくお願いします。

    2016年6月15日 (水)

    長野酒メッセ2016in東京 松本地方の蔵の紹介

    長野酒メッセは昔はグランドプリンスホテル赤坂で行われていましたが、2013年に解体され、去年はグランドプリンスホテル高輪で、今年は品川プリンスホテルで開催されました。去年は佐久地方の蔵を中心に試飲をしてブログに書きましたが、今年は松本地方の蔵のお酒を飲みブログに纏めることとしました。

    去年の佐久地方の内容は下記のURLをご覧ください。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/2015-7cf9.html 

    松本地方の蔵は会場案内の蔵番号の最後の方にありましたので、一番最後の蔵61番から54番まで蔵のお酒を飲むことにしました。結果的には松本地方だけでなくお隣の安曇野や塩尻の蔵も紹介することになりましたので、ご了解ください。 

    では早速ご紹介に入りますが、東京の長野メッセは何しろ人が多いので、中々簡単には取材出来ませんので、最初から言い訳ばかりで申し訳ありませんが、お許しください 

    1.EH酒造 

    EH酒造は安曇野市にある蔵ですが、EH酒造となったのは平成15年(2003年)ですからとても新しい蔵です。それはEH(エクセルヒューマン)株式会社が昔からあった蔵を買収して出来た蔵ですが、従業員も杜氏も変わらない、酒質も昔のままの蔵だそうです。 

    昔の蔵の名前は亀屋酒造店といい、江戸時代の後期に生まれたそうですが、昭和36年に3つの蔵が合併して「酔園酒造」となったそうです。どうしてEH酒造に買収されたかはよくわかりませんが、経営が苦しかったのではないでしょうか。EH株式会社はどんな会社なのでしょうか。 

    EH株式会社は大阪の本社を持つ「より良い商品のみを製造し、消費者の皆さまに直接販売する製造小売業」をする会社です。創業は昭和39年で、取り扱っている商品は3000種以上あるそうで、その一例に医療機器マットレス、カステラ、お菓子、サプリメント等色々ありすぎて、中心の商品が何なのかわかりません。でも、今まで良いものを造っている会社をM&Aで買収し、それを育てることで、希少価値のある多品種の物を製造販売をしている会社のようです。社長は「世界で通用するような豊かな人間性を持つ人材、エクセルヒューマンを育てる」といっているそうですから、日本の中にある良い製品を選びだして、育てて世に出していくという中々面白い会社のようです。 

    EH酒造は買収後、蔵の建て直したり設備の増強をしたりしましたが、その従業員の心を大切にして、完全に手造りで良いお酒を造ることだけをやってきたそうです。現在の生産高は1000石強のようですが、どんなお酒を造っているのでしょうか。 

    Dsc_0156_2写真の方は常務取締役の飯田純一さんです。もともと酔園の蔵元の息子さんだそうで、蔵のお酒について教えていただきました。杜氏は75歳を超えるベテラン北條勝一さんがやっておられ、EH酒造になって造る量は増えたけれども、昔からの味を大切にし、味があるけど後口に残らないようなお酒を目指しているそうです。そして、昔からの技術を若い人に伝える努力をしているそうです。いいですね。 

    4合瓶12000円の山田錦30%精米純米大吟醸 どん蔵を飲みましたが、これは単に綺麗だけでなく味わいもあり、さすがという感じです。大吟醸鬼かん持ってもらいましたが、これは山田錦39%精米のアル添酒ですが綺麗さがあって飲みやすい酒でした。 

    この蔵は18号系の酵母を多く使っていますが、それほど香りを出さないで、旨味と綺麗さを出すのが上手いようで、なかなかの蔵だと思いました。コスパーを狙うのなら、信濃の国酔園 特別純米1升3000円かな。 

    2.美寿々(みすず)酒造 

    この蔵は塩尻にあるくらですが、JRの塩尻駅と洗馬駅の両方から2kmくらい山の方に行った標高750mのところにある蔵です。創業は明治26年ですが、この蔵のお酒を語るにはこの人を紹介しないといけません。 

    Dsc_0158この蔵の4代目の社長兼杜氏の熊谷直二さんです。直二さんは東京農大を卒業され、現在60歳ですから、出羽桜の仲野さんより6つ上のベテラン杜氏です。 

    僕が初めてお会いしたのは、第1回の長野メッセだと思いますが、それ以来毎年のようにお会いしています。この蔵は大吟醸以外は美山錦を使っていますが、その美山錦の旨さを引き出す腕は天下一品だと思います。 

    でも遊び心も一杯で何か面白そうな造りを毎年楽しんでいます。今年は本醸造生原酒かな。シャープな感じの中にとろっとした味わいもある良いお酒でした。でも何年たっても生産量は300石と一定です。どうしてと聞いたら、一人で造っているのでこれ以上は無理ですと言われました。 

    Dsc_0159_2彼の酒はどのお酒を飲んでもおいしいけど、どれか1本を選ぶとしたら純米吟醸無ろ過生かな。美山錦とは思えない旨味甘みが最初に来て、綺麗な酸とともに消えていくバランスです。今年から池袋の升新で扱うようになったそうです。一度飲んでみる価値はあるよ。 

    山田錦39%の大吟醸は1升5000円しないけど、凄いうまい酒でした。これ東京で売れるよと言ったら、たった600本しか造っていないので出せないそうです。絶対に売れるのに、欲がない人だな・・・・  

    3.笑亀酒造 

    この蔵も塩尻市にありますが、塩尻駅から東に2kmほど行った町の中にあります。創業は明治16年ですからそれほど古い蔵ではありません。笑亀と嘉根満というブランドを造っていますが、嘉根満(かねまん)というのは創業の時につけた酒屋の名前のようです。社員4人で生産高300石位の小さな蔵ですが、一昨年秋より中乗さんの杜氏をしていた森川貴之さんが来られてから酒の質が上がったと言われています。 

    Dsc_0162この方が森川杜氏です。僕は森川さんとお会いしたのは去年地酒屋「こだま」さんが企画した「長野県9蔵の蔵元の会」に参加した時が初めてですが、今回お会いした時、最初全く森川さんとは気がつかなかったのです。  

    その証拠をお見せします。去年の写真はこんな感じでした。メガネをかけているし、髭を伸ばしているので、これ、完全に叔父さんの雰囲気ですよね。今回はずっと若者になっていました。どうしたんでしょうか。 

    Dsc_0068どうしてこの蔵に来たのですかときたら、ここが地元だからと応えてくれましたが、こちらに彼女がいるからではないかと聞いたら、笑っていました。でも結婚して高校生の子供がいるなんて見えませんね。 

    Dsc_0163今回は貴魂という新しいブランドのお酒を試飲しました。このお酒シリーズは味わいの違う4種類の酸味を持つお酒を造ったそうです。お客様にこの酸を違いを楽しんでもらうつもりで、自分の趣味の感覚で造ったそうです。ですから、酒の銘柄に自分の名前の貴と自分の心の魂をつけているとことに気合いを感じますね。 

    皆さんの評判を聞いて発売していくそうです。4種類の貴魂は色によって分けてありました。 

    ・ 貴魂 赤 純米吟醸 18号酵母
    ・ 貴魂 白 純米生酛 生酛の酸  
    ・ 貴魂 黒 純米 コハク酸 長野C酵母
    ・ 貴魂 青 純米 クエン酸
     

    この写真のようにラベルには詳しく酒質が書かれていますが、他のお酒の写真を取るのを忘れてしまいましたので、酒質が良く判らなかったのが残念です。 

     赤は酸味が後ろ隠れているけど、しっかり感じながら、飲みやすいお酒

    ・ は生酛のしっかりした酸があるけど、味が複雑で食べ物がほしくなるような酸

    ・ はコハク酸があるので後味に貝の出汁のような苦味があるので、人によっては嫌かな。長野酵母Cは昔のアルプス酵母でイソアミル系なのかもしれません

    ・ はクエン酸が強いので酸っぱいお酒。白麹を使ったのではないかな。
     

    僕は森川さんはチャレンジブルで、腕のあるしっかりした杜氏だと思いました。これからどんな酒を出していくのか楽しみですね。大いに期待しています。 

    4.亀田屋酒造 

    この蔵は松本駅から上高地線に沿って3kmほど西に行ったところにあります。創業は明治2年で、初代は亀井半十郎さんでしたが、現在は6代目の竹本祐子さんが当主となっています。 

    竹本さんは先代の社長の次女で、上智大学を卒業後米国で仕事をするエリート女性でしたが、結婚されたのち28歳の時に蔵の後を継ぐために松本に戻ってきたそうで、38歳の時に社長になられました。その頃は日本酒の消費量が落ちてきて、経営が苦しくなっていたので思い切って蔵の方針を変えたそうです。 

    この蔵は長野高速道路の松本インターを降りて上高地に向かう道路の近くにあることから、酒瓶を貯蔵していたプレハブ倉庫を壊して観光バス用の駐車場にし、母屋の見学、酒蔵見学、お酒の試飲販売だけでなく、最近は酒造りの体験講座も始め、いわゆる観光酒蔵として消費者に直接お酒を販売する方向にかじを取ったようです。 

    観光酒蔵をすることにより、消費者と直接対話して色々な要望を知り、リキュールや濁り酒、酒粕を使った石鹸、純米酒を使った美容水など新しい商品の製造販売までするようになったそうです。日本酒の生産量は300石くらいだそうですが、日本酒味はどうなのでしょうか 

    Dsc_0164この方が杜氏をしている清都幸広さんです。東京の蔵で修業をされて方この蔵に入られたと聞いております。 

    持っていただいたのは秀峰アルプス正宗の大吟醸と純米大吟醸です。大吟醸は山田錦39%精米の18号酵母を使ったお酒で、純米大吟醸は美山錦40%精米の9号系酵母のお酒です。 

    この二つは味わいがだいぶ違うようで、大吟醸はカプロン酸の綺麗な香りが出ているものの、少しシャープな切れの良いお酒で、純米大吟醸はなめらかですっきりとした味わいでした。 

    この蔵のお酒は切れ味を大切にした造りをしているようで、大吟醸レベルの酒の味はよく、観光蔵とは思えない洗練された味わいで、関東信越国税局や全国新酒鑑評会で数々の賞を取っているようです。 

    5.大信州酒造 

    この蔵の本社は松本市島立にあり、亀田屋酒造店とはとても近いですが、製造蔵は長野市豊野町にあります。ここは長野駅から北しなの線の信濃浅野駅の近くです。随分離れたところにあるのですね。創業は明治21年ですが、今では毎年数々の賞を取っている長野県では有名な蔵の一つとなっています。生産高は1300石位だそうです。 

    下の写真は右の方が社長の田中隆一さんで左の方が常務取締役製造部長の田中勝巳さんです。兄弟二人で力を合わせてやっていますが、勝巳さんは豊野蔵で杜氏のお仕事をされています。 

    Dsc_0165

    この蔵には酒造りのこだわりがありますのでちょっと説明します。それは一言で言うと、自然と対話し、酒と対話し、そして人と対話し、決して逆らわず、静かに調和をとることだそうですが、ちょっと抽象的すぎるので、もうちょっと説明すると以下のようになります。 

    ・ 長野のお米と水と使ってすべての工程を手造りでやること(山田錦は別)

    ・ 造りの基本は一に蒸し、二に蒸し、三に蒸しで、良い蒸し米から始まる

    ・ 殆どの酒は無ろ過で低温瓶貯蔵をする

    ・ 仕込みタンク一本一本の違いを大切に瓶詰するシングルカスクである
     

    こうやって生まれてくる酒に悪いものはないはずですが、飲んでみました。どのお酒もいいバランスで仕上がっていますが、気にいったお酒は2つ。一つは純米大吟醸「手いっぱい」。このお酒は原料米の選抜から精米、麹、醸造、貯蔵に至るまで出来る限り力を尽くして仕上げたの言う意味だそうです。この会場で飲んだ時はちょっと膨らみは足りないしちょっと引っかかる感じでしたので、二カ月後に升新商店で買って飲んでみましたら、全く違った印象でした。軽やかな香りと丸みを持った旨味がゆっくり口の中を広がっていき、綺麗に消えていくお酒でした。勝巳さんが造ったばかりですからまだ膨らんでこないのでしょうと言われたことが良くわかりました。 

    山田錦35%精米の2年熟成の大吟醸「香月」はとても柔らかく優しい中に綺麗な旨味がゆっくり広がるとてもおいしいお酒でした。4合瓶で5400円しますが、飲んでみたいお酒です。香月にはいろいろな種類があって、価格が大幅に違いますのでご注意を! 

    この蔵のお酒は基本的には綺麗なお酒が多いですが、口に含んだ時にぱっと広がるのではなく、ゆっくり広がり、お酒のよってその余韻の感じが違うお酒を造る蔵だと思います。 最近こういうお酒が少なくなってきていますね。

    6.笹井酒造 

    この蔵は松本市内の島内地区にある蔵で,、松本駅から北に3kmほど行った奈良井川のそばにあります。創業は大正12年ですから比較的若い蔵です。北アルプスの伏流水を使って、地元の契約栽培のお米を使って、すべて400kg以下の小仕込みを行い丁寧はお酒つくりをしている小さな蔵(生産高300石)です。 お酒の銘柄は笹の誉です。 

    Dsc_0166写真の方は蔵元で杜氏の笹井康夫さんです。笹井さんは蔵元の人ですが、次男だったので蔵を継ぐつもりがなかったので、東京農大を出て、事情があって30歳の時蔵に戻ったそうです。蔵に戻ってから愛知の蓬莱泉や岐阜の女城主で修業をしたそうです。彼が杜氏になってからやや甘めのお酒を仕込むようにしているそうです。 

    でも何か新しいことにチャレンジしています。今年から 純米大吟醸も純米吟醸も特別純米もお米はひとごこちで、精米度を50%にしています。価格は大吟醸が4合瓶で1800円、純米吟醸が1600円、特別純米が1500円です。同じお米でも値段の差をつけらる腕があるのだということなのでしょうか。 

    もうひとつ面白いお酒を見せてもらいました。同じひとごこちでも農園によって味の違うお酒ができると言うのです。浜農園の純米吟醸と赤羽農園の特別純米では味が違うというのです。この2つのお酒は純米吟醸と特別純米という区別になっていますが、酵母も精米度もおなじなので、同じ味になるはずですが、飲んでみると浜農園の方が旨味を感じ、赤羽農園の方が綺麗でさっぱりした感じでした。 

    この差がどうして出るかというと、浜農園田圃は砂利質で養分が砂利にしみこみやすいので、米が一所懸命根を張って養分を取ろうとするのに対して、赤羽農園の田圃は粘土質で下に染み込まないので、米が根をあまり張らないで育っているので、味が薄いと説明でしたが、僕にはちょっと信じられません。でも米の差が判るほど、米の味を引き出せる技術があるということは確かではないでしょうか。今後の新しいチャレンジをまた期待しています・・・ 

    7.善哉(よいかな)酒造 

    この蔵は松本市内の松本城近くにある蔵です。創業は江戸末期らしいですが、昔はこのあたりに多くの造り酒屋があったそうです。でも今では市街地に残る唯一の蔵になったしまったそうです。敷地内に地下30mから噴き出している湧水を「女鳥羽の泉」と名付けて仕込み水として使っているそうですが、この湧水は誰でも汲んでよいので、地元の人が行列をつくって汲みに来ているそうです。 

    Dsc_0167この方が杜氏の根岸則夫さんです。蔵の生産量は200石と非常に小さな蔵ですが、伝統の技をまもって地道に精魂こめて酒造りをしています。昔は社長の穂高さんが杜氏をしていたそうですが、5年ほど前から蔵人であった根岸さんが杜氏をしているそうです。 

    ここの酒はどのお酒も優しさを感じます。持っていただいたのは善哉上撰(本醸造)ですが、1升1900円の割にはいいお酒です。もう少し後味の綺麗さがあるともっといいのですが。

    以上で松本地区の蔵の紹介を終わりますが、実はもう一つ蔵があったのです。それは岩波酒造です。僕も終盤になって酔っぱらったために、通り過ぎてしまったようです。ごめんなさい。いずれ紹介する機会があればと思っています。

    今年グランドプリンスホテル赤坂は今は東京ガーデンテラス紀尾井町として今年竣工しましたので、来年はここに戻ってくれると嬉しいな。無理ですか? 

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしていただくとブログ村のページに戻ります。これでポイントが増えます。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしてもポイントは増えませんので、PC-Modeにしてからクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年12月 9日 (水)

    サケマルシェで見つけた小さな蔵の酒を紹介します

    石川県は能登杜氏の発祥の地で昔から、良いお酒をつくっている蔵が沢山ありますが、なぜだか東京で石川県の蔵の試飲会はほとんど行われていません。石川県の蔵のお酒が飲めるなら、何としてでも飲んでみたいと常々思っていたのですが、今年の10月24日土曜日と25日の日曜日に金沢の迎賓館で石川県の地酒と美食の祭典サケマルシェが開かれることを知り、参加することにしました。 

    このサケマルシェの祭典は3年前から始まったようで、当初は10月の末の土曜日1日で行われていたそうです。今年は日本酒で乾杯推進協議会の全国大会が石川県でやることになったので、同時開催で2日間のイベントになったそうです。どんなイベントか全くわからないまま参加することにしました。サケマルシェは石川県酒造組合連合会の中にあるサケマルシェ実行委員会が主催しているようで、前売り参加費が2800円ですが、日本酒で乾杯推進会議の地酒パーティも参加すれば、両方で5000円となるので、日本酒で乾杯推進会議で申し込みましたが、参加してみると、乾杯推進会議の参加はあまり意味がなかったようです。 

    当日は金沢に12時ごろに着くように大宮からかがやき507号に乗りましたが、2時間10分で金沢駅についてしまいました。金沢には簡単に行けるようになったのですね。新しい車両は揺れも少なく、各席にコンセントが付いているのは大変便利です。普通車で全部着いたのは初めてではないでしょうか 

    Dsc_0157_2

    すごくかっこい車両でしょう。この車両のデザインをしたのは日本人で初めてフェラーリーをデザインした奥山清行さんです。さすが奥山さんですね。東海道も早くこの車両を使ってもらいたいけど、JR東海は別会社ですから難しいかもね。 

    金沢駅からしいのき迎賓館までは約3kmほどなので歩いていくことにしました。その間に近江町市場があるので、寄ってみましたが、市場がビルの中にあるのですね。隣に本物の市場があるので、築地の場外市場のようなところのようです。 

    Dsc_0165

    東京では見られないのどくろが色々なところで売っていましたが、お店によって価格はだいぶ違うようなので、良く見て選ぶ必要があるようです。 

    そこから歩いて30分くらいで目的地に着きます。しいの木迎賓館は金沢城址公園の南、兼六園の西にありますが、サケマルシェは迎賓館の中ではなく、迎賓館の前の広場で行われました。 

    Dsc_0197_2

     下の写真の茶色い建物が迎賓館です。ここからではイベント会場は見えませんね。 

    Dsc_0172

     ここが迎賓館の前から見たイベント会場です。まだどんな風になってるのかわかりません。

    Dsc_0173

    この入り口に受付があり会場の様子が少しわかってきました。下の写真を見てください。青色のブースが地酒ブースで28蔵が出展していました。赤い色のブースが飲食ブースで23店が出店していました。

    Dsc_0198

    受付では当日販売もありますが、前売り券を持っていると20枚綴りの飲食用のチケットと1合が入るグラスが配られます。去年まではワイングラスが配られましたが、倒れてお酒をこぼしたり、わったりする人が多いので、下の写真のような壊れにくいグラスにしたようです。 

    Dsc_0240Dsc_0199_2

     

     

    の情景を見て、初めてわかったことがあります。サケマルシェは試飲会を目的をしたものではなく、好きなお酒とお料理を楽しむのが目的のようです。僕のようにいろいろなお酒を飲みたい人だと、この方式はむちゃくちゃ高くなるし酔っぱらってしまい取材どことではありません。たとえば大吟醸だと4~5枚のチケットが必要なので、4~5種類しか飲めないことになります。どうも違反行為のようですが、1チケットで飲める少量をついでもらい呑むことにしました。会の運営の皆さま、来年からはこういう飲み方も許可するルールが必要だと思います。 

    サケマルシェの祭典は土日の2日間11時から夕方まで開かれている祭典ですが、初日は現場に2時半ごろ着いたので、とりあえず知っている人にあいさつしながら、持ているチケットの範囲で何も食べずにどんなお酒があるのかを飲んで調べることにしました。 

    Dsc_0175

    天狗舞のテントの前では車多酒造の専務の車多一成さんと名杜氏で、今顧問杜氏をされている中三郎さんにお会いできました。良かった良かった・・・・ 

    翌日も天気が良かったので、兼六園を見学した後、11時の開園に間に合うように会場に行きました。最初に開演の乾杯セレモニーが行われました。蔵元の関係者が大勢おられました。 

    Dsc_0221

    乾杯セレモニーは福光屋の専務取締役で、サケマルシェ実行委員専務の福光太一郎さんの音頭でスタートしました。 

    Dsc_0220

    後ろには手取川の次期社長の吉田泰之さんや、長生舞の専務取締役の久世嘉宏さんや竹葉の社長の数馬孝さんがおられます。この会は若手の蔵元が中心になって開催されているのですね。大変良いことだ思います。 

    会場は屋外のテントなので、雨が降ったら大変でしょうが、雨天中止はないようです。家族づれや友人と来ている人が多くて、隣の芝生で寝転んでいる人が多かったです 

    Dsc_0239

    ボランティアの楽団らしき人達が演奏をしていました。のんびりした雰囲気で良いですね。 

    Dsc_0242

    次にサケマルシェで見つけた小さい蔵だけど良い酒をつくっている蔵を紹介します。どの蔵も500石以下です。 

    1.夢醸 宮本酒造店 

    この蔵は石川県の能美市にある蔵で、手取川の南に位置していて、北には車多酒造や吉田酒造店があり、東の山側には菊姫がある造り酒蔵の多い地区にあります。創業は明治9年ですからそんなに古い蔵ではなく、平成10年から夢醸を造り始めています。サンマルシェには蔵元は来ておらず、営業責任者の後藤仁さん夫婦が来られていました。 

    Dsc_0188

    奥様の後藤由梨さんのお兄さんが社長をされているそうで、生産高は100石と非常に小さな蔵です。僕が気に入ったのは夢醸の大吟醸と純米大吟醸です。 

    Dsc_0217_2

    純米大吟醸は五百万石50%精米で、大吟醸は山田錦40%精米です。どちらも石川県では珍しい18号酵母だそうです。どちらも香りのきれいなさわやかなお酒ですが、大吟醸の方が一層呑みやすいお酒に仕上がっていました。 

    10年前に能美市に名前が変更した時に、能美市の特産である丸芋を使った焼をつくる動きがあり、2007年に丸いもの焼酎の免許を取っり、その年にプレミア焼酎「のみよし」を生産したところ、大人気で6日で完売したそうです。

    僕がこの蔵を初めて知ったのは新宿花園神社にあった「アー一心」で、そこの店長さんの下山さんが勧めてくれたお酒でした。もうそのお店もなくなり、サンマルシェで久しぶりに飲むことになりましたが、お酒の中身は随分進化していました。でも久しぶりに夢醸を飲めて感激しました。 

    2.白菊 白藤酒造 

    白藤酒造は奥能登の輪島市にある歴史のある蔵です。創業は1722年廻船問屋として創業し、江戸末期に酒造りを始めたそうです。2007年の能登半島地震で、蔵のほとんどを造り直すほどの災害を受けています。僕が蔵を訪問した時は2008年の3月でしたから、蔵をつくりなおしたばかりで、生産高は100石ぐらいと言われました。その時、白藤喜一さんと奥様とお会いしましたが、今回もお二人にお会いすることができました。 

    Dsc_0224

    お二人は東京農大の同級生で大学で知り合って結婚され、2006年から蔵で一緒に酒つくりをしていますが、奥様は宮城県の浦霞の蔵人でしたので、地震の経験があり蔵の再建にご尽力されたと聞いております。笑顔が素敵なお方ですね。卒業が平成8年のようですから、久慈浩介さんや新藤雅信さんの1年後輩に当たるのですね。 

    白菊は僕の行きつけの酒屋さんで扱っているものですから、時々飲むことがありますが、いつものお酒を飲んでみました。 

    Dsc_0225Dsc_0227

     

     

     

     

    白いラベルの白菊は精米度55%の山田錦36%(酒母と初添え)掛米として55%精米の五百万石64%使用した純米吟醸ですが、酵母は協会10号を使用しています。白菊の看板商品で、しっかりとした旨味の中に、滑らかさや優しい上品な甘さも感じるお酒でした。 

    黒いラベルの白菊は50%精米の山田錦を使った純米大吟醸で、酵母は金沢酵母です。透明感のある酒質で、純米吟醸より綺麗さがあり、旨味の出方と消え方がゆっくりしていて味わい深いお酒でした。

    両方ともとても素晴らしいお酒で生産高をお聞きしたら250石とのことで、きっと丁寧な造りをしているので石数をあまり伸ばさないようにしているかもしれません。 

    白菊は問屋を通さないで酒販店に直接販売していますので、ホームページの情報によれば東京でも10店舗以上扱っており、飲んだことのない人は是非飲んでください。 

    3.神泉 東酒造 

    この蔵は小松市にある蔵で、江戸末期に造られたそうで、酒蔵は昭和24年に改めて立て替えられました。地元の観音下(かながそ)の山から切り出した石で作られた三つの石蔵を中心に構成された貴重な酒蔵だそうです。蔵のホームページからお借りしました写真をお見せします。趣のある造りですね 

    Img_0622

    蔵のお隣にはお茶室の「桂松庵」があり、その隣には待合室の緑寿庵があり、その二つとも国登録有形文化財になっているそうです。蔵の生産高は300石と小さいですが、金沢酵母にこだわった特定名称酒だけを造っている蔵だそうです。 

    Dsc_0219

    写真方は社長の東祐輔さん夫妻です。祐輔さんは東京農大の醸造学部を卒業されていますが、何年卒だか覚えていないそうです。現在44歳ですからたぶん平成5年卒ではないかと思います。 

    Dsc_0231何気なく置いていた大吟醸の太初(たいしょ)をいただきましたが、一口飲んで驚きました。凄くきれいだけど味わい深い今まで飲んだことがないほどのお酒でした。 

    山田錦35%精米の金沢j酵母の大吟醸を蔵の冷蔵庫で熟成したお酒で23BYだそうです。口に含むとゆっくり全体に味わいが広がっていくお酒でした。熟成の良さがうまく引き出されています。 

    このお酒はどこで買えるのと聞いたら、地元以外には出しておらず、銀座のアンテナショップにあるかもねといわれました。これだけの味が造れる腕があるのならさぞかし全国新酒鑑評会で金賞を取っているのかと思ったら、取得実績はありませんでした。 

    でも最近は金沢造幣局の最高賞の優秀賞を取るなどかなり認められてきているようです。 

    最後にこれからどんなお酒造りを目指しますかとお聞きしたら、どっしりした味ですっきりした味わいのお酒だそうです。これからが楽しみな蔵だと思います。 

    4.獅子の里 松浦酒造 

    この蔵は山中温泉の中心街にある蔵で、創業は古く、1772年だそうです。この蔵の杜氏は代表取締役で杜氏を兼務している松浦文昭さんですが、平成15年より杜氏を務めているそうです。文昭さんには土曜日に会場でお会いしたのですが、翌日には会場におられなかったので、ゆっくりお話しできませんでした。 

    Dsc_0230

    日曜日は営業マンの我戸さんと本田さんが対応してくれましたが、あまり蔵のことやお酒のことに詳しくなかったし、会場のルールがあるということで、ちょっとだけという軽い試飲をさせてもらえず、仕方がなく純米吟醸の旬だけを飲みました。 

    Dsc_0238_2この蔵のお酒は色々な種類を飲むことができませんでしたが、純米吟醸の旬を飲むだけでお酒のレベルの高さがわかりました。ラベルには何も書いてありませんが、55%山田錦で金沢酵母を使ったお酒のようです。ある酒屋さんでは雄町も使っていると書いてありましたが、正しいことはわかりません。 

    飲んでみるとさわやかな香りでそれほど強くない綺麗な旨味が立ちあがったと思うと、いつの間にか消えていくようなお酒でした。とても温泉の町中で造っているとは思えない上品さがあります。 

    残念ながら他のお酒はわかりませんが、造りの良い蔵だと思いました。最近は全国新酒鑑評会で受賞はしていませんが金沢国税局の優秀賞はかなり数取っているようです。純米大吟醸を飲んでみたかったです。 

    蔵の生産高はよくわかりませんが、従業員の数から判断すると500石ぐらいではと思います。 

    以上で僕が見つけた蔵の紹介は終わりますが、会場で飲んだお酒の一般的な印象は能登流の味わいをベースとしている蔵が多く、僕にはちょっと癖が強いように思えました。僕が選んだ蔵はそれとはかなり味わいの違うお酒のような気がします。

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年11月20日 (金)

    茨城県の今年の金賞受賞蔵を知っていますか

    今年の10月9日に茨城県酒造組合主催で、茨城地酒祭りが浅草の花やしき行われました。この日は同じ日に山口県、千葉県、群馬県、茨城県の酒造組合主催の試飲会が行われましたので、一遍に2か所行ってみようと、昼間の群馬県の試飲会に参加した後、茨城県の試飲会に参加することにしました。 

    茨城の地酒祭りは今年で5年目ですが、初回に行った時は花やしきの半分の場所を使ってのイベントでしたので、狭くてあまりじっくり飲めなかった思いがあります。現在は花やしき全体を使ってのイベントになったこと、去年から茨城県の全国新酒鑑評会で金賞を取る蔵が急増したので、その原因を勉強するために参加することにしました。 

    花やしきは浅草に古くからある遊園地ですから、そこでどうやってお酒祭りをやるのかイメージできますか。花やしきの紹介に使われているイメージ図をお見せします。 

    Map_hanayashiki_r1

     

    クリックして大きくしてみてください。中央に池や公園があり、それを取り囲むように通路があり、その通路の脇にブースをつくって、食事や試飲ができるようにレイアウトされていました。 

    下の写真は入口に近いところの様子です。まさに遊園地の中という感じですね。 

    Imgp0369_3

    下の写真は池の脇のところの様子です。結構趣のある場所となっていました。 

    Imgp0373

    基本的に会場には屋根はありません。雨が降ったらどうするのでしょうね。今まで雨が降ったことがあったかどうかを聞くのを忘れました。 

    Imgp0368

    会場の入り口の脇には今年の全国新酒鑑評会の出品酒が並んでいましたが、これに気がついたのは会が終わるころでしたので、ほとんどの瓶が空になっており、試飲はできませんでした。こんな企画があるとは知りませんでした。来年からは入り口で会場のレイアウト図をつくって配ってもらいたい気がします。どこにどんな蔵、どんな企画展があるかわからず、飲むしかないことになるものですから・・・・・・・ 

    これで会場の雰囲気をわかってくれたと思いますが、この中で今年の全国新酒鑑評会で受賞した蔵を探すのは大変なことでしたが、何とか時間内で10蔵を試飲することができました。とりあえず、試飲した順番に紹介してみたいと思います。 

    1.青木酒造 御慶事 

    この蔵は東北本線の古川駅のそばにある蔵で、創業は江戸末期の1831年の歴史があるそうで、銘柄の「御慶事(ごけいじ)」は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したそうです。生産高は300から400石ぐらいと小さな蔵で、主に地元で飲まれているようです。 

    Imgp0356

    写真お二人は蔵元の奥様の青木弥生さんとその娘さんです。娘さんは看護師をしていたのですが、一昨年より蔵を手伝っているそうで、お酒のことが良くわかっていました。高校生の弟が蔵の仕事ができるようになるまで、頑張るそうです。お二人には今年と去年の金賞受賞酒を持ってもらいました。 

    金賞酒はしっかりした味わいで、なかなかいい出来でした。お米は山田錦で、酵母は10号系M310酵母だそうです。杜氏は福島県出身の南部杜氏で、最近代わったばかりの48歳ですが、冬場だけ出かけてきている杜氏だそうです。過去の受賞歴を見ますと過去20年間で8回の金賞受賞は杜氏の腕が昔から凄い人だったのでしょうね。だからこの味が出せるのでしょう。 

    2.廣瀬商店 白菊 

    この蔵は茨城県の石岡市にある蔵で、創業は1805年ですからすでに210年も歴史のある蔵です。この蔵の特徴は万人受けをするずっと飲み続けられるような酒つくりだそうで、決して刺激的な美味しさがなくても体が無意識にほしがるようなお酒だそうです。 

    Imgp0357_2

    写真の方はブースの女性の方で、たまたま蔵元さんがおられず、蔵人の男の人がおられただけでしたので、女性にお願いしただけです。 

    手に持っているのは今年の金賞受賞酒です。この蔵も酵母はM310で、青木酒造さんの金賞受賞酒とおなじ味のバランスを感じました。常温で飲みましたので、甘みを結構かんじるうまい酒でしたが、もう少し後味のきれがほしい気がしました。でも、これをベースにして造った市販の大吟醸はすっと飲めるお酒に仕上がっていました。 

    Imgp0366会の終わりにもう一度ブースの寄りましたら、8代目の蔵元の専務取締役の廣瀬慶之助さんにお会いできました。後ろの明るいネオンのせいで変な写真になってすみません。 

    手に持ってもらったお酒は金賞受賞酒でしたが、飲んだお酒はオヤジナカセというお酒でした。山田錦の大吟醸レベルのお酒だそうですが、この酒米をつくっている兵庫県の農家のせがれが初めて造ったお米で、このお酒を、親父に飲ませたらこれは旨いと泣いたエピソードからつけたお酒だそうです。飲んでみましたら中々いいバランスのお酒で、この蔵の造りがわかる気がしました。 

    蔵の生産高は500石位と小さいです。この蔵も昔からの杜氏制を維持していて、専務は造りには余り介入しないようにしているそうですが、酒質にはこだわりがあるように思えました。金賞受賞回数は過去20年間で5回でした。 

    3.岡部合名会社 松盛 

    この蔵は常陸太田市にある蔵で、久慈川の上流の里川流域の水田地帯にある水とお米に恵まれたところにあります。創業は明治8年で、代表銘柄の「松盛」は屋敷内の松と酒の神様の松尾大社が栄えるようにと命名したそうです。 

    生産高は600石位ですが、日本酒だjけでなく焼酎やリキュールにも力を入れている蔵です 

    Imgp0358写真の方は社長の岡部守博さんです。持っていただいたお酒は大吟醸の松盛と純米吟醸の岡部です。 

    金賞受賞酒は持ってこられなかったので、代わりの大吟醸を飲みましたが、この酒もお米は山田錦45%精米で、酵母はM310だそうで、他の蔵の金賞受賞酒のバランスによく似ていました。飲み口同じでも蔵によって後味に差が出るようです。 

    純米吟醸岡部は静岡酵母で香りがイソアミル系のさわやかな香りで、飲みあきしないお酒に仕上がっていました。これはなかなかいいですよ。このお酒の中身を詳しく聞くのを忘れてしまいました。この蔵も全国新酒鑑評会で金賞を過去20年間で10回も取っている蔵なのですね。知りませんでした・・・・・ 

    4.吉久保酒造 一品 

    この蔵は水戸の偕楽園のある水戸市の本町にある蔵で、創業は寛政2年(1780年)ですから200年以上の歴史がある蔵です。もともと米を商う商人だったのですが、急遽酒造りに変身して成功したそうです。今の一品のブランド名をつくったのが明治の初めと聞いています。蔵の生産高は聞き忘れましたが、従業員が23人いるようですので、2000石位はあるのではと思われます。 

    Imgp0359写真の方は蔵人の方ですが、お名前はお聞きしませんでした。山形県の東北泉の名杜氏であった佐々木勝雄さんを杜氏として招き入れたのが平成15年ですが、今も御活躍ですかとお聞きしたら、去年お辞めになたそうです。 

    金賞受賞酒はなかったので、他のお酒を飲ませていただきました。純米吟醸の雄町は佐々木杜氏の造りとおなじと聞き、飲みましたが東北泉の酒とはちょっと違うなと感じました。 

    このお蔵はM310と9号酵母を使い分けているようですが、短稈渡の純米吟醸は香り高く綺麗なバランスでしたので、このお酒を持ってもらいました。 

    この蔵も過去20年間で金賞を9回も取っていたのですね。 

    5.野村醸造 柚美人 

    関東鉄道常総線の石下駅の北にある蔵で、創業は明治30年で、土着系の酒蔵として百十余年になります。酒銘の由来は当地が千年の歴史ある結城つむぎの産地であり、紬美人といたそうです。 酒質は柔らかく、すっきりと切れが良いのが特徴だそうです。蔵の生産高は1000石弱と思われます。今年の豪雨で鬼怒川が氾濫し、蔵が冠水して大変だったそうですが、仲間の支援を受けて、11月中の復旧の目途が立ったそうです。 

    Imgp0360写真の方は代表取締役の野村一夫さんで、持ってもらったお酒は出品酒とおなじ造りの大吟醸です。酵母はM310だそうで、飲んでみると優しさがあって、この蔵の特徴が出てるようでした。なかなかいいですよ。 

    この蔵の杜氏は55歳の南部杜氏ですが、他の従業員は皆社員だそうです。平成11年に入ってきた新人が杜氏の指示通りに素直に造ったら、初めて金賞が取れたそうです。なまじっか他の蔵の経験があると、無意識に我流が出てしまって失敗するとおっしゃったのが印象的でした。 

    過去20年間で6回金賞を取っているそうですが、31歳の息子が早く一人前になるのを望んでいるそうです。 

    6.磯蔵酒造 稲里 

    磯蔵酒造は茨城県笠間市稲田地区にある蔵で,、創業は江戸時代末期だそうです。この地区は古くから稲の郷と呼ばれ、御影石の台地から湧き出る良質の水(石透水・軟水)があることから酒造りの絶好な地域だったそうです。 

    この蔵は明治元年に稲里を酒名とした磯酒造店を開業させたそうです。この蔵は生産高が1500石もある立派な蔵ですが、酒造りは今の時代に流されないぶれない酒造りをしているようです。ですから過去に全国新酒鑑評会で金賞を取ったのはたった3回だそうです。

    Imgp0361Imgp0374

     

     

     

     

    左の人は営業の方で、右の人が社長の磯貴太さんです。初めに訪れた時は社長がおられませんでしたので、女性に大吟醸をもってもらいました。大吟醸は山田錦38%精米ですが、柔らかい落ち着いた味わいで、同じ山田錦50%精米の純米を飲みましたが、切れがあるけど旨味の表現に遊びがある味わいでした。随分個性のある酒造りをする蔵だと感じました。 

    2度目の訪れた時に社長のお会いして、造りのことをお聞きしました。お酒をつくる時には、最初にどんなお酒をつくろうかを考えるそうで、三日月のようなシャープお酒をイメージしたら、ラベルも三日月にして、深海の鯛に合わせるお酒をイメージした場合は、味がふんわりと、風のような余韻を持たせたくなり、お米は500万石、ラベルは風となるそうです。これが社長の流儀だそうです。 

    ですから、金賞を取るための酒つくりはしていないそうで、ここ2年連続で金賞を取れたのは、たまたまで、嬉しいけど狙っているわけではないそうです。社長はお姿だけでなく考え方もユニークで、面白い方ですね・・・・・ 

    7.月の井酒造  

    この蔵は大洗町にある蔵で、創業が慶応元年だそうですから、ちょうど150年になる蔵です。大洗町には酒蔵は1件だけだそうですから、大洗の食材に合わせた酒造りをしているのが特徴のようです。蔵の生産高は500石位だそうです。 

    Imgp0362写真の方は製造部長の山田博さんです。持っていただいたのは大吟醸の月の井ですが、酵母はM310だそうで、味が軽めのお酒でした。その味では金賞は無理だなと思ってお聞きしたら、金賞酒は1801系酵母を使ったそうですが、今回は飲めませんでした。 過去20年間で6回の金賞受賞です。

    この蔵の代表は坂本啓子さんで、御主人ががんでお亡くなりになり後を継いだそうです。その闘病記は「さいごの約束」として出版され、テレビドラマ化もされたそうです。その約束で出来たのが「オーガニックの日本酒」の「和の月」で、有機認定の美山錦80%精米のお酒ですが、この時飲み忘れてしまいました。次回は是非飲んでみたいと思っています。 

    8.武勇(株) 

    この蔵は紬の里の結城市にある蔵で、創業は江戸末期だそうで、初代の保坂勇吉が「荒武者のような力強い酒を」と造った蔵だそうです。社長は5代目の当主で長男の保坂嘉男さんで、次男の保坂大二郎さんと協力してやっているそうです。 

    杜氏は代々越後杜氏でしたが、現在は地元の結城杜氏が酒造りをしているそうです。山田錦は兵庫県産、五百万石は富山県産、雄町は岡山県産とこだわった造りをしていますので、しっかりした蔵だと思いましたが、生産高は1000石だそうです。 

    Imgp0363写真の方は蔵人の深谷篤志さんで、純米吟醸の和(和やか)と辛口純米酒を持ってもらいました。今年の金賞は久しぶりの受賞(過去20年間で2回目の受賞)だそうですが、茨城県工業技術センターの先生の指導を受けて、先生の言う通りに造ったら金賞を取れたそうです。取れたのは嬉しいけど、ちょっと悔しい感じもするそうです。 

    金賞受賞酒の酵母は1801系を使ったそうです。和はお米は雄町58%精米で、酵母は1801系と9号系のブレンドだそうです。飲んでみましたら、綺麗な香りとベ全体にうまくまとまったお酒でした。この蔵のお酒はあまりインパクトを出さない造りのようで、ちょっと特徴がないような気がしましたが、久振りに金賞を取ったのですから、来年以降が楽しみな蔵です。 

    9.宏和商工 日立酒造工場 二人舞台 

    この蔵は豊島区の東池袋にあるブライダル関連の商売をしている㈱宏和商工のお酒の製造部門を言います。工場は日立市にありますが、写真を見る限り昔からの造りの蔵のようです。酒造免許を取ったのが2006年10月で、工場開設が2006年11月ですから、どのかの蔵を買収したのではないでしょうか。詳しいことはわかりません。蔵の生産量は2000石位のようです。 

    Imgp0364写真の方は酒造り担当の営業マンで、持っていただいたのは今年の金賞受賞酒です。飲んでみましたら、中々品の良いお酒で、味が綺麗でバランスの良いお酒でした。酵母は9号酵母だそうです。金賞を取ったのは去年が初めてで、今年が2回目だそうです。その秘密を聞くのを忘れてしまいました。 

    生酛つくりの純米吟醸も飲みましたが、生酛らしい酸味で、味のバランスをうまく造っていますが、僕には何かが足りなく、心に突き刺さらない優等生のお酒のような気がしました。 

    杜氏は社内杜氏で、長岡さんと言うようですが、この工場の代表者も長岡さんでしたのでどうなっているのかわかりません。 

    10.根本酒造 久慈の山

    この蔵は水戸と郡山を結ぶ水郡線で北に1時間ほど行った山方宿の近くの久慈川沿いにある蔵です。創業は慶長8年(1603年)ですから約400年前であり、茨城県では須藤本家、藤田酒造店に次ぐ歴史を持つ蔵だそうです。生産高は800石位だそうです。 

    酒造りも昔から技術力があり、35年前に大吟醸の久慈の山を出すなど、吟醸酒を得意としている蔵のようです。全国新酒鑑評会でも過去20年間で11回の金賞を取っている実績があり、茨城県では最も多くの回数受賞している蔵です。 

    Imgp0365写真の方は20代目の当主である根本朗裕さんです。凄くお元気な方で、社長ですが午前中は蔵人として造りを手伝っているそうです。 

    金賞受賞酒はありませんでしたが、最近出した新しいブランドの上丸(かみまる)の純米大吟醸と純米吟醸を飲みました。純米大吟醸は美山錦40%精米で酵母はM310です。旨味が綺麗でバランスの良い美味しいお酒でした。 

    純米吟醸はひたち錦55%精米で、しっかりした旨味があるけど、後味はすっきりしたお酒でした。今までいた南部杜氏に代わって社員杜氏になったばかりですが、金賞を取れたのでほっとしているそうです。 

    以上で今年金賞を取った10蔵の紹介を終わります。 

    <全体の印象>

    全国新酒鑑評会の金賞を去年が11蔵、今年が10蔵とるようになったわけを、調べるためにこの試飲会に来たのですが、その理由を来福の藤村社長に教えていただきました。3年前から、茨城県酒造組合の技術部会が中心になって、蔵元よりも社員の人を対象に、外部から先生をお呼びしたり、他の県の蔵を見学したりする勉強会をしているそうです。武勇の蔵人の深谷さんが言われたように、茨城県の工業技術センターの先生の指導も良かったのだと思います。確か福島県が金賞受賞蔵が多いのも工業技術センターの先生の指導が良いからという話を聞きましたので、そういうことなのでしょう。

    それから茨城県は創業の古い蔵が多く、その古さでは日本のトップクラスだということ、過去の金賞を受賞している蔵が多いこと、金賞受賞蔵の大部分が1000石以下の小さな蔵であることを初めて知りました。その割には茨城県の蔵の知名度はあまりないですね。僕が知っていた蔵は、来福、郷の誉、大観ぐらいでしょうか。実力のある蔵が多いので、もっとPRをすべきだと思いました。僕は東京在住なので、関東地方の蔵の味をもっと勉強しようと勉強しなければと心を強くしました・・・・・・・

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年9月10日 (木)

    岩手の小さな蔵はなかなか面白いですね

    例年のごとく、7月末いわて酒物語の会が池袋のメトロポリタンで行われました。この会は昼の部と夜の部があるのですが、昼間の部は15時から2時間、酒販店と飲食業関係者対象でした。僕は日本酒のブロガーなので、昼の部に参加するのは少し、ずうずうしいと思い、南部美人の久慈浩介さんにお願いして、岩手酒造組合から案内をいただく形で、正式に参加することができました。浩介さんありがとうございました。 

    この会は2013年に夜の部に初めて参加しましたが、参加者が多いし、抽選会などでゆっくり蔵のお酒を楽しむ時間はありませんでしたが、東日本大地震で被害を受けた蔵を中心に取材をさせていただきました。その時のことはブログに書きましたので、興味のある方はご覧ください。 

    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/2013-e982.html 

    Dsc_0044_2

     今回は昼間の部の参加でしたので、大変空いた状態でしたので、ほとんどの蔵のお酒を一応呑みましたが、僕の目的が小さな蔵で新しい発見をしたいということなので、下記に示す比較的大きな蔵の紹介するのはやめておきます。その蔵はあさ開き、南部美人、菊の司、両磐酒造、岩手銘醸、酔仙酒造、わしの尾などです。吾妻峯や月の輪は好きな蔵ですが、以前紹介したので省略します。 

    岩手県の蔵のMapを見つけました。ごらんください。中央の東北本線沿いと海寄りにわかれていますが、東日本大地震で海寄りの蔵は被害を受けています。 

    Map3_2
    岩手県には22に蔵があります。県の大きさの割には少ない気がしますが、その代わり3000石以上の蔵が結構多いのですね。そのうち21蔵が今回参加していたようです。 

    今回は岩手のお米と岩手の酵母を使っているところが多かったので、最初にお米と酵母を紹介します。 

    <岩手の酒米>  

    1.吟ぎんが
      従来岩手j県は吟醸酒に適したオリジナルな酒造好適米を持っていなかったので、その開発を平成2年から初めて平成10年に県の奨励品目となったお米です。出羽燦々と秋田酒49号を交配させ、美山錦より粒が大きく、心白の発現率が高く、耐冷性の高いお米を目指したものです。美山錦以上に綺麗で、さわやかなお酒になるそうです。主に花巻市の石鳥谷町周りで造られています
      

    2.ぎんおとめ
      岩手県北部の研究センターで開発されたお米で、秋田酒44号とこころまちを交配させてできたお米で、美山錦よりは心白発現率は低いが、早生で育てやすく、優雅な味わいが出ることから、女性的な名前となったようです。平成11年に県の奨励品目となり、二戸市やその南の岩手町で栽培されているようです。
     

    3.結の
      岩手県が10年を掛けて開発した大吟醸用の酒造好適米です。山田錦は寒さに弱く岩手県での栽培は難しいので、岩手県でも栽培できる山田錦相応のお米を求めていました。吟ぎんがやぎんおとめは高精白に耐えられないので、大吟醸用には向いていませんでした。山田錦と青森県の華想を交配してできたお米で、平成23年に試験栽培がされたもっとも最近に開発されたお米です。山田錦に匹敵するお米として、南部杜氏発祥の地、紫波郡紫波町とひとめぼれの産地である奥州市前沢区の二箇所で栽培されています。
    今年の全国新酒鑑評会で南部美人が結の香のお酒で金賞を取ったことでその実力が証明されました

    <岩手の酵母> 

    吟醸香のある酵母としては協会18号や協会10号が有名ですが、岩手県も独自の吟醸用酵母の開発を進めてきました。元となる酵母は平成5年より領布している岩手吟醸酵母2号で、それを改良してできた新酵母が、ジョバンニの調べとゆうこの想いです。 

    平成2年にこの二つの酵母を試験的に領布したところ、評判が良く平成21年から正式の領布され、新たな名前が付けられました。 

    1.ジョパンニの調べ
      華やかさときれいな味と香りが特徴なので銀河鉄道の主人公のジョパンニが夜空で瞬く星のような旋律を奏でるイメージだそうで、岩手県の利き酒大会で優勝した吉澤さんが命名したそうです
     

    2.ゆうこの想い
      女性的な温かさと温もりのある味と香りが特徴で、女性をイメージして、飲む人(あなた・YOU)にさまざまな思い(想い)をイメージしてもらうように命名したそうで、岩手県の利き酒大会で準優勝をした藤村さんが命名したそうです。
     

    命名によってイメージができるので、どんなお酒になるのか気になりますね。

    それでは僕が気に入った小さな蔵をご紹介します。 

    1.喜久盛酒造 タクシードライバー、鬼剣舞(おにけんばい) 

    Dsc_0061喜久盛酒造は北上市にある蔵で、明治27年の創業です。戦争中は花巻市にある白雲などの蔵と合併した時期もありましたが、3代目の藤村久喜(きゅうき)が久喜が逆立ちしても盛り上げると喜久盛(きくさかえ)酒造としたそうです。 

    現在の社長は写真の方で、藤村卓也(現在43歳)です。卓也さんは高校時代にレスリングで東北大会に準優勝するほどの格闘家で東京のゲーム製作会社で働いていたそうですが、先代が急死されたので蔵に戻り、2003年から代表取締役になっています。 

    若い世代に日本酒に関心を持ってもらうために2005年にタクシードライバーを製造・販売しています。日本酒の名前としては思いつかないネーミングですが、その名前のユニークさで、今では人気の商品ですが、それはお酒の酒質が良かったからだと思います。 

    Dsc_0060蔵の生産高は純米酒だけで200石ほどの小さな蔵です。杜氏に自由に造ってもらったのが、手に持っていただいた純米原酒です。

    お米はひとめぼれ55%精米、酵母は7号酵母です。飲んでみるととても素直なバランスで、お肉やチーズにも合いそうなお酒でした。タクシードラーバーは出品していませんでしたが、この蔵の実力がわかった思いです。 

    この蔵では岩手県産の飯米を使って、自分たちしか作れない独自の酒造りをするそうです 

    この蔵は東日本大地震の被害を受け、復旧もままなならない状態でしたが、たまたま昨年、花巻の蔵の白雲が廃業したので、その蔵を借りることができて、ここを使って酒造りができるようになったので、その間に元の蔵をこれから直す予定だそうで、大変ですね。頑張ってください。 

    2.磐之井酒造 真心 花泉 

    Dsc_0053磐乃井酒造は一関市の花泉地方にあり、岩手県では一番南にある蔵です。創業は大正6年ですから比較的新らしい蔵ですが、当時密造の多かったどぶろくを防止するために生まれたようです。 

    その後戦争時代にはその地区の全酒造メーカーが合併して両磐酒造が生まれましたが、戦後酒造免許を取り、独立したようです。両磐酒造は大きな蔵として今も残っています。 

    昭和の後半は蔵も順調に大きくなり、1000石近くになりましたが、現在は280石だそうです。でも全国新酒鑑評会で6回も金賞を取るなど質の高い酒造りを目指しています。 

    写真の方は企画販売の佐藤竜也さんで、持っていただいたのは純米大吟醸真心です.美山錦45%、協会18号酵母ですが、穏やかな香りで、口に含むとしっかりした味わいがふわっと膨らむけど、全体的にはフラットで、素直に後味か消えていくお酒でした。これで4合瓶が1660円なのはお買い得です。 

    3.泉金酒造 龍泉八重桜

    泉金酒造は盛岡から東に60kmほど行った岩泉町にある蔵で、世界一の透明度を持つ龍泉洞のそばにあります。創業は1854年と古く、南部杜氏の伝統を守った酒造りをしていますが、昔から醸造業だけではなく町の発展に貢献する色々な事業を手掛けていたようです。
     

    現社長の八重樫義一郎さんは9代目の当主ですが、泉金酒造、岩泉自動車運輸、岩泉不動産などをグループ下に置く泉金物産の社長でもあります。泉金物産の本社は盛岡にあり、LPG販売、簡易ガス事業、石油製品販売など幅広く手掛けている立派な会社です。 

    今回のブースには女性の方が対応されていましたが、写真を取るのを拒まれましたのでどなたかはわかりませんが、手だけが写っています。蔵の生産高は300石と言われていました。会場には金賞受賞酒、吟ぎんがの純米大吟醸、結の香の純米大吟醸がありましたが、どれも素晴らしい出来でした。その方が持ったお酒を紹介します 

    Dsc_0057左が金賞受賞酒の大吟醸ですが、優しさ、綺麗さのバランスが良くこれなら金賞な違いなしと思いました。4合瓶で3780円ですから呑んでみてください。 

    右の結の香は女性的な香りがぱっと広がり、やや線が細いけど綺麗さがいいと思いました。 

    調べてみるとこの20年で8回も全国新酒鑑評会で金賞を取っていますし、今年は岩手県の県知事賞も取った実力のある蔵です。生産量は少ないのかもしれませんが、大きなバックボーンを持っている蔵なのでゆとりを感じますね。 

    早速インターネットでお酒を注文しましたが、お金を支払っていないのに、郵便支払い用紙入りで品物が送られてきたのには驚いてしまいました。余裕のある蔵ですね・・・・・・ 

    4.廣田酒造 廣喜、喜平冶 

    Dsc_0065廣田酒造は南部杜氏発祥の里として知られる柴波町にあります。創業は明治36年で廣田喜平冶が造り酒屋を譲り受けたそうです。現在の生産高は300石と小さな蔵です。 

    写真の方は杜氏の小野裕美さんです。日本酒の造りが大好きな裕美さんは東京農大を卒業後、実家の味噌・醤油の蔵には戻らず、この蔵に就職したのです。同期は天吹の木下大輔さんや澤姫の井上裕史さんがいるそうです。 

    蔵に入って勉強して2004年に南部杜氏の資格を取ったのです。この街には月の輪酒造の杜氏も女性ですから2人も同じ町にいるのは珍しいことですね。 

    手に持っていただいたのは結の香の純米大吟醸で酵母はジョバンニの調べです。飲んでみると一見優しいようで、奥にしっかりした味を感じました。裕美さんの言葉によると、ウサギの顔をした虎という表現でした。 

    どんなお酒をつくりたいのかをお聞きしたら、冷酒がお米だとすると燗酒は炊きたてのご飯のようなものなので、それを求めて燗酒に合うお酒をつくているようで、特ににごりの燗酒をためしているそうです。なるほど・・・・・これからどんな酒ができるかな。 

    5.赤武酒造 浜娘 

    赤武酒造(あかぶ)はもともと大槌市にあった蔵ですが、2011年の大津波で蔵を全失してしまい、2013年に盛岡市の郊外に新しい蔵を建設し、今に至っています。その時のことについては下記のブログに書きましたので、ごらんください。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/2013-e982.html 

    写真の方は代表取締役の古舘秀峰さんと蔵人の井上麻帷(マイ)さんです。古舘さんのお話では生産高は300石で未だ元の生産量(600石)には戻っていないとのことでした。 

    Dsc_0059

     Dsc_0048この蔵の良いところは蔵人が若くて元気があるところだと思います。息子さんの古舘龍之介さんは去年東京農大を卒業され蔵に戻って、杜氏をしているそうです。 

    この会で飲んだのは純米吟醸と純米大吟醸でした。純米吟醸は吟ぎんが50%精米で酵母がジョバンニの調べでした。心地の良い香りと綺麗なのど越しがある比較的あっさりしたお酒でした。 

    純米大吟醸は結の香40%精米、酵母は協会10号系で柔らかい香りのある上品なお酒でした。 

    製造設備も全く新しくなり、仕込み水も全く変わった中での酒造りですので、若い力がどう発揮されて、これからどんな変化を見せるのか楽しみな蔵だと思います 

    6.菱谷酒造店 千両男山 

    Dsc_0058酒造店は宮古市にある蔵で、ここも2011年の大津波で大きな被害を受けた蔵ですが、宮古市からの補助金やセキュリティハンドなどを使ってその年の11月には酒造りができるようになったそうです。現在はほぼ元の生産量に戻ったそうですから600石前後だと思います。 

    写真の方は杜氏の辻村勝俊さんです。辻村さんは田酒の杜氏をやめて2004年からこの蔵で杜氏をしています。山廃純米酒、純米吟醸酒、別撰純米酒を飲みましたが、どのお酒も全体的に柔らかく、口に含んだ時にじわっと膨らむ共通の味わいを感じました。さすが安定した酒造りをしていますね 

    7.高橋酒造 堀の井 

    Dsc_0067高橋酒造は盛岡市の南の紫波町にあります。ここは南部杜氏発祥の土地であり、米どころですので、今でも4つの蔵が酒造りをしています。江戸時代は麹屋でしたが、大正11年に名水の堀米の井戸から、堀の井と命名して酒造業を始めたそうです。 

    写真の方は蔵元の息子の高橋信さんで、杜氏は兄がやっているそうです。この蔵は生産高500石と小さな蔵ですが、全国新酒鑑評会で金賞をここ20年で10回も取っている実力のある蔵です。 

    持っていただいたのは結の香の純米大吟醸で酵母が協会18号です。この結の香は香りもほどほどで、とてもバランスの良いお酒で気に入りました。 

    これで岩手県の小さな蔵の中で僕が気に入った蔵の紹介を終わります。 

    <結の香のお酒> 

    前回は結の香葉まとめて、並べられていたので自由に飲めたのに対して、今年は各蔵のブースに並べられていました。結の香の精米は40%と決まっているだけで、酵母は各蔵で異なるようです。一番多かったのはジョバンニの調べと協会1801号でしたが、酵母別に整理してみると下記のようになりました。南部美人はジョバンニの調べ他と書いてありますが、M310 とのブレンドではないかと思われます。 

    1.ジョバンニの調べ: わし尾、月の輪酒造店、廣田酒造店、岩手銘醸、浜千鳥 

    2.協会1801号: あさ開き、菊の司酒造、高橋酒造、両磐酒造、  

    3.M310(協会10号): 桜顔酒造、赤武酒造

    4.ゆうこの想い   : 酔仙酒造 

    5.ジョバンニの調べ他: 南部美人 

    6.不明        : 泉金酒造  

    結の香はとてもいい米だと思いますので、この米の良さをもっと引き出してもらいたいと思います。そうすれば、これからが楽しみだと思います。 

    最後に大手蔵で見つけた面白いお酒を紹介します

    Dsc_0050

    このお酒は岩手銘醸の純米原酒 平泉です。この蔵は岩手県の南の奥州市にある蔵で、生産高3000石の蔵です。その生産量の1/3を地元産の亀の尾を使っているそうです。この亀の尾はとろり感のあるしっかりしたお酒で、こんな亀の尾を飲んだことはありませんでした。その秘訣を聞いたら亀の尾で味を出すためには、吸水時間の管理が重要だそうです。きっと経験によって手に入れたノウハウなのでしょう。こんな蔵があるのですね・・・・・・岩手県は面白い。

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年8月26日 (水)

    東京地酒呑切り2015で気に入ったお酒

    東京の蔵は9蔵あるようですが、東京の酒をまとめて初めて飲んだのは2009年に銀座のフェニックスプラザで行われた一都3県蔵元との交流会でした。この時東京の地酒はなかなか捨てたものではないと思いました。その時の様子は下記のブログに書きましたので見てください。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-b29d.html 

    その後毎年のように一都3県蔵元との交流会には参加して来ましたが、だんだん参加者が多くなり、蔵元とゆっくりお話して取材することはできなくなりましたので、それ以降ブログには書いていません。 

    今年初めて東京地酒呑切り2015というイベントが東京の立川で開催されることを知りました。このイベントは平日の16時からに1時間半と18時からの1時間半の2部制になっていて、各部とも100名の限定ということなので、参加することにしたのです。 

    僕は自由人なので、当然すいていると思われる、早いほうの1部に申し込みました。でも「呑み切り」がどんな企画なのかは知らないで参加しました。 

    一般に、冬に搾られたお酒はタンクで貯蔵熟成されますが、出荷するまえに貯蔵タンクのお酒を抜き出してテイスティングを行います。お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を切ることから、これを「呑み切り」といい、出荷するお酒の重要な審査となることから、酒蔵にとって重要な行事となっています。 

    例年東京では6月半ばごろ、国税局の鑑定官に評価をお願いしているそうで、それが終わった段階で一般の人向けに呑んでいただく会のようです。ですからこの会は6月25日の木曜日に、立川の東京都酒造会館ビルで行われたものです。そんなんい古いことをブログに書かないで、などと言わないでくださいね。 

    東京都酒造会館はわかりにくいところにありました。立川駅の南口の降りて、線路に沿って東京方面5分ほど歩いたところでした。 

    Dsc_0046
    日建学院と書いてある建物の2階でした。近くに寄ってみると小さく呑み切り会場と書いてあり、ほっとしたのをおぼえています 

    Dsc_0047

    2階の会場は普通の会議室で机と椅子を取った殺風景な部屋で、7つの蔵が窓際にブースを造っていました。始まった時の様子の写真をお見せします。100人で7蔵ですから1つの蔵に14人ほどですから、そんなに混んだ状態ではありません。 

    Dsc_0039

    各蔵とも普通酒から大吟醸までの4本を出品していました。会場の入り口で出品リストが配られましたので、それを見ますと、タンク番号製造区分(普通酒、本醸造、純米酒、吟醸酒、純米吟醸酒、純米大吟醸、大吟醸)と原料米、精米歩合、アルコール濃度、日本酒度、酸度が書かれているだけで、市販品の何に当たるかわかりません。 

    試飲するときに蔵の人がこれは市販品の○○ですよと教えてくれますので、それによると、通常は出てこないようなお酒もありました。たとえば、小澤酒造の大吟醸の梵とか田村酒造の田むらといったお酒があったようです。でも誰でもすぐわかるようにして表示してもらいたたかったです。タンク番号だけでは力が入りませんから。 

    1都3県の蔵元との交流会では多くの蔵元が出席していたのに対して、今回は営業マンや杜氏の方が多かったようです。本来は1本1本商品名がわかって今年の出来はどうですかということがお話しできる方がいいはずで、そのためには、杜氏の出席を義務つけてもらいたかった気がします。 

    出展していたお蔵さんをブースの展示した順にご紹介しますが、お酒は気に入ったものだけ紹介することにします。 

    1.小山酒造店(丸眞正宗) 

    この蔵は東京23区で唯一残っている酒蔵として有名な蔵で、丸眞正宗のブランドのお酒を造っています。蔵は東京から埼玉県の川口市にわたる新荒川大橋の手前の岩渕町にあり、東京メトロの南北線の赤羽岩渕町の駅から歩いて5分くらいのところにあります。 

    創業は明治11年で初代の小山新七さんが酒造りに適した湧水を見つけたのが始まりのようです。新七さんは埼玉県の小山本家酒造(金紋世界鷹)の家に生まれた方で、ここに独立して酒屋を造ったようです。現在の生産高は400石ですが、最盛期には8000石も造っていたことがあるようです。 

    僕は今まで試飲会以外ではここのお酒を呑んだことはありません。今日は初めて本格的に呑みました。お酒のご案内をしていただいた方は杜氏の深堀隆一さんです。 

    Dsc_0041ここの純米大吟醸、純米吟醸、吟醸は一般的なお酒の感じでとりわけ感激しませんでしたが、普通酒はなかなかいい出来でした。 

    このお酒は米は一般米の70%精米、アルコール度19%、日本酒度は+7、酸度1.8のお酒でしたが、アルコール添加のアルコールの辛みは感じなくて、素直にすっと飲めるお酒でした。深堀さんのお話では呑みあきしないで食事に合うお酒を狙ったようで、この味にするには色々工夫をしたそうです。 

    ちょっと気になったのが今回飲んだお酒は原酒で、市販品は15℃だということで、味はずいぶん変わるのではと思いました。持っていただいたのは普通酒のはずですが、原酒なのでしょうか。比較して飲んでみたいですね。 

    深堀さんの前の杜氏は中島さんで、今千葉県の東灘酒造の杜氏をされています。この蔵は昔から若手の杜氏が頑張っているので、将来が楽しめそうです。 

    2.田村酒造場 嘉泉 

    田村酒造は福生市の玉川上水が流れるほとりにある蔵で、文政5年(1822年)の創業の老舗の蔵です。嘉泉(かせん)というブランドでお酒を出していますが、創業者がこの地にお酒造りに適した水を見つけた思いを込めて嘉(よろこび)泉(みず)とつけたようです。 

    この蔵は蔵訪問したことがありますが、大変広い敷地に立派な庭を持ついかにも老舗の蔵というイメージです。その時のことは下記のURLをご覧ください。現在の生産高は2000石は超えていると思います。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-b10e.html 

    Photo会場のブースには営業の人しかおられませんでしたが、市販酒のしいコーナーに頭(杜氏の補佐役)の塚本京子さんがおられましたので、ご挨拶させていただきました。 

    持っていただいたのは田むらというお酒ですが、良く見ると山酒4号の純米吟醸でした。その時は気付かなかったのですが田むらには吟ぎんが、山酒4号、吟風の3種類の米違いがあったのですね。この差を聞けばよかった。残念・・・・ 

    塚本さんは平成3年に短大を出られて、田村酒造に入ってもう24年になるのですね。当時は東京には同じような仕事をしている人はいなく、珍しかったようです。 今では落ち着きのある杜氏さんという雰囲気ですね。

    造りの仕事ばかりで今回のようなところに出るのは珍しいと言われていましたが、今後はどんどん出てきてもらいたいと思います。 

    3.中村酒造 千代鶴 

    中村酒造はあきる野市の今でも鮎釣りの盛んな秋川の近くにあります。具体的には五日市線の秋川駅から南へ10分ほど歩いたところにあります。創業は1804年と老舗の蔵ですが、実は以前からこの地に中村家はあったようで、400以上の歴史があるそうです。東京の古い蔵は皆長い歴史を持つ蔵が多いようですね。 生産高はよくわかりませんが800石弱ぐらいでしょうか。

    Dsc_0043_2写真の方は杜氏の佐藤潮彦さんです。佐藤さんは秋田家の出身ですが蔵元に見込まれて蔵人になったそうです。今では杜氏歴20年のベテラン杜氏です。 

    この蔵はここ20年で8回の全国新酒鑑評会で金賞を取る実力のある蔵です。金賞受賞数の東京都のベスト3は澤の井、憙正、千代鶴といった順でしょうか。 

    今回は本醸造、純米酒、純米大吟醸、大吟醸の4種類をいただきましたが、純米大吟醸と大吟醸の出来が素晴らしく、香り、うまみ、のど越しのバランスが良かったです。僕にとってはこの会場の中では一番のお気に入りでしたが、この会にたまたま参加していた多摩のこうちゃんも同じ意見でした。

    これでも今年は金賞受賞ができなかったようで、難しいもんですね。 

    4.野崎酒造 喜正 

    野崎酒造店は中村酒造とおなじあきる野市にありますが、五日市線ので五日市駅より2kmほど奥の戸倉という地点にあります。まさに山里の中にあるので、東京よりは4-5℃くらい気温が低く、酒造りには適していると思われます。 

    創業は明治17年で現当主の野崎さんは5代目になります。明治時代にこんな山奥に酒屋をつくるというのはちょっと信じられませんが、それほどまでに酒造りが必要な時代だったのでしょうね。ですから生産量は少なく、現在500石程度だと思われます。 

    Dsc_0040写真の方はお酒の案内をしていただいた杜氏の熊谷利夫さんです。熊谷さんは南部杜氏で蔵に入って21年目だそうです。千代鶴の佐藤杜氏のお話では杜氏になったとは同じ時期だと言われて言われていましたので、ベテラン杜氏です。

    まゆ毛の濃い方ですが、お話してみるととても控え目な感じで、全国新酒鑑評会で今年も金賞を受賞し、5年連続受賞をして、この20年で9回受賞の杜氏さんとは思えませんでした。 

    今回飲んだお酒は本醸造、純米酒、純米吟醸、大吟醸です。大吟醸はさすがという感じでしたが、僕の心には響きませんでした。でも本醸造はとてもいけていました。日本酒度は-3ですが、酸が1.7とちょっと多いので、甘みとバランスしてなかなかの味のお酒でした。これはいいですよ。 

    以上で僕が気に入った蔵のお酒の酒会は終わりますが、東京にはそのほかいい蔵がたくさんありました。 

    その筆頭は生産量8000石以上といわれている大手の小澤酒造(澤の井)、田村酒造とおなじ福生市にあり、同じ規模の石川酒造(多満自慢)、東村山市のあり、生産高1000石位の豊島屋酒造(金婚)がありますが、今回はご紹介しないことにしました。 

    今回の呑み切り会を通して感じたのは、どの蔵も自分の個性をもった酒造りをしていて、ある程度安定した味のお酒をつくっていることがわかりましたが、ベテラン杜氏のところが多く、若い杜氏へのバトンタッチをする時期に来ているのではという感じがしました。杜氏が若くなって、もっと若い人が感じる感性でお酒造りが進むことを期待しています。この会には残念ながら来られていませんでしたが、豊島屋酒造の田中孝治さんは期待していますよ。

    最後にこの飲み切り会について最後に少し注文をします。この会はとてもいい企画だと思うのですが、会の趣旨から考えてもブースには杜氏に出席してもらい、今年の酒造りを語ってもらいたいし、試飲したお酒は市販酒の何に当たるかをもっと一目でわかるようにしてもらいたいと思いました。原酒と加水の差はあるのかもしれませんので、その辺の説明もお願したいです

     にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年7月 7日 (火)

    平成26年度全国新酒鑑評会に参加して in広島

    全国新酒鑑評会の受賞酒の試飲ついては毎年6月に東京で行われる日本酒フェアに参加したことはありますが、広島で行われる全国新酒鑑評会には参加したことはありませんでした。それは広島は遠いというのが一番の理由だったのですが、今年はフルネットの社長の中野繁さんに誘われて、初めて参加しました。 

    僕はお酒の試飲した結果の感想を述べる自信は全くないので、この旅のことをブログに書くかどうかは悩んだのですが、初めての経験なので自分の備忘録として旅全体を簡単にまとめてみることにしました。 

    今回はフルネットが企画した全国新酒鑑評会ツアー2015に参加いたしました。主な計画は次の通りです。 

    5月26日火曜日 

     ・ 羽田空港10:45発ANA677で広島空港12:05着 

     ・ 空港内レストラン「かなわ」で昼食 

     ・ 貸切小型タクシーでANAクラウンホテル向かいすぐに
         大利き酒会に参加
     

     ・ 市内観光(16:00から18:00) 

     ・ 18時よりANAクラウンホテル3階で前夜祭参加。有志は
          2次会も参加
     

    5月27日水曜日 

     ・ 9時に東広島運動公園体育館で行われる全国新酒鑑評会
          
    に貸切バスで向かう
     

     ・ 9時30分より14時30分まで鑑評会で試飲 

     ・ 15時より西条西本町のサタケショールームで全国醸造機器
          用品展示会
    見学
     

     ・ 16時半から広島市西新天地公共広場で日本酒燦々に参加 

     ・ 広島空港20:40発ANA688で羽田空港22時05分着 解散 

    この旅は最初にひやりがありました。それはANA677便が広島空港に降りようとした時に、着陸態勢に入ってなかなか着地しないなと心配していたら、タッチアンドゴーに様な感じで再び上昇したのです。機内放送では着陸態勢に入った後誰かがトイレに入ったからのようです。広島空港は韓国の飛行機が着陸ミスをしたばかりなので、肝を冷やしましたが、約20分遅れで無事到着しました。一度着陸をやり直すと20分も遅れるのですね。 

    ANAクラウンホテルでの大利き酒会と夜の全国新酒鑑評会前夜祭は酒商山田が開催しているもので、前半の大利き酒会は夜の前夜祭に出ている蔵と同じ蔵のお酒が飲める会ですが、食事がないのと酒のグレードがすこし落ちるけど、500円で気楽に参加できる会です。 

    夜の前夜祭は大利き酒会と同じフロア、同じ蔵元で行われますが、食事付きで参加費は10800円もします。うーんちょっと高めですね。でも十分堪能できました。 

    Dsc_0053

    久慈浩介さんをを囲んでの打ち上げ写真です。浩介さんはこの会の司会をされていました。

    Dsc_0075

    翌日いよいよ東広島運動公園体育館で行われる全国新酒鑑評会に出発ですが、鑑評会の開始時間は10時なのですが。大勢の方が早く行って並ぶので、僕たちもホテルを早めに出て、9時には到着したのですが、すでに大勢の人が並んで待っていました。 

    ここが体育館の正面玄関です。 正式には製造技術研究会というのですね

    Dsc_0076

    Dsc_0077

     9時の到着した時にもう既にこの建物を取り囲むように人が並んでいました。 

    Dsc_0078

    開演時間は10時の予定でしたが、準備ができたようで、9時半に入場が始まりました。中は確かに観覧席つきの大きな体育館でした。 

    東京の全国新酒鑑評会の試飲会と広島との違いは広島では入賞以外のお酒も試飲できることす。どんなお酒が落ちたのかを一般の人が確認できる唯一の場所だと言えます。 

    Dsc_0095

    この写真の手前が九州地区で奥に行くほど、北の地区のお酒が並んでいます。始まったばかりは秋田、山形の東北地区に人が流れて、手前はガラガラの状態でした。また今回は金賞受賞の多かった福島県が独立の列になっていました。 

    この写真はお昼ころの状態ですので、もう東北地区の人はそれほどでもなくなってきます。 

    Dsc_0098

    上の写真は九州地区の試飲状況です 

    Dsc_0116

    ここは東北地区の試飲状況です。ちょうどお昼ころの状況ですがそれでもまだ混んでいます。 

    Dsc_0085

    試飲している状況のアップの写真ですが、時間がたつと人気のあるお酒はなくなってしまうので、その時はコップをひっくり返して、お酒のないことがわかるようにするので、わかりやすいです。東北地区のお酒は終わりのころほとんどひっくり返っていました。 

    Dsc_0119

    11時から平成26年度全国新酒鑑評会の審査結果の発表と記者会見が行われましたので覗いてきました。その会場は体育館の中の部屋で行われました。 

    Dsc_0094

    その結果の主なところだけを僕の感想も含めて、まとめてみます。

    審査方法について 

    ○ 予審 4月21日~23日の3日間、決審 5月12日~13日の2日間 

    ○ 審査委員 

        研究職員、鑑定官室職員、醸造に関する学識経験者、製造業・販売業従事者等 予審が45人、決審24人(去年より外国人も含む)。 予審と決審の両方に出る人は酒類総合研究所の品質安全性研究本部長だけなのです

    そうなると、どうしても予審の選定と決審の選定が違ってくるのは仕方がないけど、良いのかな?決審選考レベルが高いのであれば、予選で落選した中でいいものもある可能性が出てきます

    ○ 審査方法 

     ・ 予審 入賞か否かを選定する 

      香りは品質、華やかさ、吟醸香、木香・香辛料香、麹甘焦香、移り香、脂肪・酸臭についてチェック。味は品質、濃淡、後味・軽快さ、刺激味・きめ、味の特徴、不調和感についてチェック。最後に総合評価を5段階評価する。 

     ・ 決審 予審で決定したものから金賞を選定する 

      総合評価を入賞以外を3段階(香味の調和、品格、飲料特性を特に良好、良好、それ以外が入賞外)で表記し、入賞外は理由を書く。意外と簡単なものですね。 基準だけをみると予審のほうが厳しいチェックをしている気がしますが。

      なお審査にあたっては、香りの影響を少なくするため、カプロン酸エチルの濃度順でいくつかのグループ分けをして、審査をしているようである。昔は酸の強さで分類したこともあったそうです。 

    ○ 審査結果  

     ・ 全出品数 852、入賞数 415、金賞受賞数222 

     ・ 東北地区の仙台局だけで金賞受賞が77点と全体の35%
          
    を占める
     

     ・ もっとも金賞受賞が多かった県は福島県で24点であった 

     ・ 出品数に対する入賞受賞率が一番高かったのは宮城県
          で87%
    であった
     

     ・ 出品数に対する金賞受賞率は1位が福島県で62%、2位
          は山形県で60%であった

     ・ 入賞数に対する金賞受賞率が高かったのは栃木県で100%でした 

    ○ 主な質疑内容 

     ・ 今年度の酒質の傾向について

        カプロン酸エチル濃度 7.8ppm、去年は7.3

        グルコース濃度   2.16 去年は2.27

        日本酒度       2.27 去年は2.68

        酸度          1.3  去年は不明

     全体的にはカプロン酸の濃度は高く、甘めの傾向があるが今年が特にその傾向が強いわけでもなさそうです

     ・ 出品酒の保管について

     研究所の酒母室で12℃で保管しているが、10℃以下にするには設備改善が必要なので実施できるかどうかは不明である

     ・ 純米酒について

     純米酒の受賞率はまだ解析中で不明だそうです。僕がもらった試料から計算すると(間違いがあるかもしれません)純米酒の出品数は120で入賞は32件でしたから入賞率は低いようです。金賞の受賞数はかなり低く12件ですが、そのうち秋田県が4件と頑張っていました。

     ・ 山田錦以外のお米について

     研究所の発表はありませんでしたが、僕が調べた結果です。山田錦以外のお米の使用数は135件ですから出品数の15.8%でした。そのうち入賞したのは53件で入賞率が少し悪いようです。

    山田錦以外の米を一番多く使ったのが新潟県の越淡麗で25件広島の千本錦15件長野県の美山錦11件でした。

    新しいお米で金賞を取ったのは大雪の蔵の彗星、南部美人の結の香、新政の美郷錦、白瀧の秋田酒こまち、廣戸川と自然郷の夢の香、大那の吟のさと、澤姫のひとごこち、ぐらいでしょうか

    以上で結果報告について終わりますが、研究所の人はもっと研究して報告してもらいたいものです

    僕が参考にしたデータはここに載っています

    Dsc_0042_2

    最後にこの会場で見つけたスナップ写真のを見せします。会場がオープンした時に東北地区の写真を撮っている夢心の東海林さん 

    Dsc_0082

    もうひとつ佐賀県の蔵元さんたちが話し合っている様子を見つけましたので、パチりです。大勢の蔵元さんが来ているのですね

    Dsc_0096

    2時半にこの会場を後にして西条西本町のサタケショールームで全国醸造機器用品展示会に行って見学して来ました。 

    Dsc_0151

    その会場となったサタケ株式会社の本社の建物です。この奥にショールームがあり、そこで全国醸造機器用品がされていました。展示品のご紹介は別途ブログで紹介します。 

    ここに4時ごろまでいて、最終のイベントの日本酒燦々に行きました。会場は広島市の広島パルコ前にあるアリスガーデンで行われましたが、20m四方の公園らしきの中でいくつかのテントが張られ、屋台のつまみを食べながら日本酒を飲む会でした。これは大和屋酒舗がやっているイベントですが、狭くて混んでいて落ち着かず大変でしたが、結構楽しかったです。ここを写真を撮ったはずなのですが、残っていませんでした。残念・・・・・・ 

    ここを後にして予定どおり広島空港20:40発ANA688で羽田空港に向かうことができました。ちょっと疲れましたが楽しい2日間でした。 

    この計画をして最後まで案内していただきました中野繁さんにお礼を申し上げます。

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年6月14日 (日)

    長野酒メッセ2015in東京 佐久地方の蔵の紹介

    長野酒メッセは2008年から参加していますが、当時はグランドプリンスホテル赤坂で行われていましたが、2011年の3月にグランドホテル赤坂の解体が決まった後、グランドプリンスホテル高輪で行われるようになったようです。2016年には赤坂に新しいビルがオープンするようなので、来年からそちらに戻るのかな。 

    2010年と2011年は東京の開催には出席しないで、10月に長野駅のメトロポリタンホテルで行われる長野メッセに参加して、さすが長野で行われる長野メッセは気合いが違うと感激したのが思い出されます。その時のブログは、2011年の時に書いたのが初めてで、諏訪地方のお酒を紹介したのを覚えています。よかったら下記のURLをご覧ください。

    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2011-d27d.html

    そのあとは、毎年長野で行われる長野メッセに出るように考えたのですが、10月は他のイベントに重なって出れず、仕方がなく東京の長野メッセに参加しました。でもこのシーズンもゴルフの最盛期なのでゴルフのイベントに重なり、まともな参加ができない状態が続きました。 

    今年は久しぶりに最初から参加できましたので、今回は佐久地方の酒蔵を紹介しようと張り切ったのです。幸いにして佐久地方はブースがひと塊りに固まっていたので、取材はしやすいと意気込んだものの、人が多く満足な取材はできませんでした。でも何とか目的を達しようと、一応まとめてみることにしましたが、まともな紹介ができていませんので、お許しください。 

    これが当日の会場の風景です。凄い混雑でしょう。これではまともな試飲は難しいです。 

    Dsc_0047

    佐久地方には13の蔵元があるそうですが、ほとんどが八ヶ岳高原線にそって佐久平から南に千曲川に沿って、10蔵あり、そのほか小諸に1蔵、蓼科山の北の麓の茂田井の2蔵あるようです。 

    当日の蔵のブースの配列はこの流れには沿っていませんでしたので、蔵のご紹介は千曲川の最南端の蔵から順に北へあがって行き、小諸、茂田井の順にご紹介することとします。言い訳がましくなりますが、全体に軽い紹介にさせていただきます。 

    1.黒澤酒造 井筒長 

    Dsc_0035黒澤酒造は佐久地域では一番南にある蔵で、標高800mもある佐久穂町(海瀬駅と高岩駅の中間)にあります。この蔵元の黒澤家は地元の名士でありいろいろな分野で活躍していているようですが、現在黒澤酒造は黒澤兄弟でやっています。 

    井筒長、雪国、生酛などの銘柄の酒を造っていますが、生酛つくりは30年も行っており、全仕込み量の40%造っているそうです。 

    写真の方は杜氏の黒澤洋平さんで、東京農大を卒業され、蔵の製造責任者になっています。生酛つくりには酵母を添加しない昔からの生酛つくりもあれば、酵母を添加する簡易型もあるようで、いろいろな生酛にチャレンジしているようです。 

    持ていただいたお酒は酵母添加型の生酛つくりの「まるト」です。とても飲みやすいバランスの良い生酛でした。この蔵の生産高は1500石位で、アメリカヘ輸出が蔵の全生産高の3割と非常に大きいのが特徴です。 

    2.佐久の花酒造 佐久の花

     Dsc_0031この蔵は佐久市の下越にある蔵で臼田駅のそばにあります。創業は明治25年だそうですが、最近は地元のお米と長野県の酵母にこだわっており、最近は長野県産ひとごこちと長野県産酵母の組み合わせが多くなってきていると聞いています。 

    写真の方は社長兼杜氏の高橋寿知さんで、ひとごこち45%精米の純米大吟醸を持っていただきました。酵母は長野D酵母と9号酵母のブレンドのようです。米のうまみがしっかり出ているけど、くどさを感じないバランスのよいお酒でした。これが1升3800円ならお買い得です。 

    高橋さんのことは一度ブログで紹介したしましたので、下記のURLをご覧ください。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-fad4.html 

    3.橘倉酒造 菊秀

    Dsc_0042この蔵は佐久市の臼田町の町の中にある老舗の蔵です。創業は330年前といわれており、現社長は18代目ということらしいです。 

    お酒のブランドは菊秀で、江戸時代は菊の泉という名だったそうですが、昭和に入って中部日本酒品評会で主席を取ってから菊秀となったと聞きました。 

    当日は菊秀を中心にいろいろなお酒を出品していましたが、いろいろな味わいのお酒があり、僕には統一的な造りの味を感じませんでした。 

    写真の方は蔵元の方で東京支店長の井出太さんです。持っていただいたお酒は純米吟醸無尽蔵です。お米はひとごこちで、酵母が14号で、春、夏、秋の3回にわたって出しているお酒でした。 

    この蔵は過去に何回も全国新酒鑑評会の金賞を取っている実力のある蔵ですので、今後を注目したいです。 

    4.木内醸造 初鶯

    この蔵は今回出展していませんでしたので、紹介いたしませんが、佐久市の大沢村にある蔵で、小さいながら機械化を進める斬新な蔵のようです。全国でも珍しい凍結米(酒米を一晩氷点下10度の外気にさらして凍らせた米)で造る凍米(いてまい)造をする蔵のようです。このお酒は飲んでみたかったな・・・ 

    5.伴野酒造 澤の花

    この蔵は佐久市野沢にあり、中込駅から西に1kmくらいのところにあります。地図をみると川越街道の254号線がこの地区で、ちょっと消えてしまうところのようです。 

    写真の方は6代目蔵元で杜氏の伴野貴之さんです。写真に撮られるのがお嫌いのようで、こっそり取らさせていただきました。貴之さんは東京農大を卒業され、平成15年より杜氏として酒つくりをしており、今注目の若手杜氏です。 

    Dsc_0041

    地元のお米のひとごこち、ふくおこしの酒米を中心に、香り華やかというお酒よりは心地よさを感じる酒造りを目指しているそうです。今回はほとんど売り切れ状態だったのでお酒の紹介はしません。 

    この写真の脇に今年松尾大社で第2回酒1グランプリで、もっとも愛された総合部門で第1位をとられたことが書かれていました。S1グランプリというのはお酒だけでなくいろいろな分野で競争によって1位を争う競技のようなものですが、お酒の部門では九州S1グランプリが有名ですが、去年から松尾大社でも行われるようになったようです。 

    賞をとったお酒の名はボーミッシェルで、ワイングラスで飲んで美味しいお酒の1位だけでなく総合でも人気1位となったようですが、お酒の中身はわかりませんが、さわやかな甘みと酸味が特徴のようです。飲んでみたかな・・・ 

    6.芙蓉酒造 金宝芙蓉 

    Dsc_0033この蔵は佐久市平賀にあり中込駅から東に1kmほど行った富岡街道沿いにあります。日本酒以外に焼酎、リキュール、酢などを製造販売していますが、日本酒の生産量は300石位の小さな蔵です。焼酎を含むと生産高は1000石くらいあるようです 

    飲む人の人生に寄り添い笑顔をつくりだす酒を目指して酒つくりをしているそうです。写真方は蔵元の企画開発部長の依田昴憲(たかのり)さんで、杜氏見習をしている方です。 

    畑違いの仕事をしていて、28歳の時蔵に戻って、現在34歳の若者です。持っていただいた酒は「よよいの酔い」という純米原酒で、しっかり味わいを感じながら、後味に酸味がありバランスの良いお酒でした。ラベルのデザインがずいぶん派手ですね。  

    7.土屋酒造店 亀の海 

    Dsc_0037この蔵も佐久市中込にある蔵で、中込駅から北へ500mくらい行ったところにあります。この蔵は江戸時代から続く老舗の蔵ですが、昔からお酒の品質にこだわった造りをしていて、今まに全国新酒あ鑑評会で6回も金賞を取っています。平成22年には関東信越鑑評会で主席を取っているほどの実力蔵です。 

    写真の方は6代目蔵元の専務取締役 土屋聡さんです。持っていただいたお酒は特別純米の「茜さす」です。このお酒は地元の農家と契約して、無農薬の酒米の美山錦とひとごこちを使ったおさけで、飲んでみると優しい味わいの素敵なお酒でした。茜さすという名は万葉集の歌に出てくる田んぼの情景をいうそうです。 

    8.戸塚酒造店 寒竹 

    この蔵は佐久市岩村田にある蔵で、佐久平駅から東に1kmほど行ったところにあります。この蔵は創設は今から400年も前のことのようで、江戸時代に中山道の岩村田宿で評判になったそうです。 

    飲んだ後に静かに「うまい」とうなづいてくれるような清楚なお酒つくりを目指しているようです。この蔵には最後のほうに訪れましたので、お酒の味も少しわからなくなっていましたが、僕にはどのお酒もあまり特徴のないお酒のような気がしました。 お酒の問題でないかもしれません・・・・・

    Dsc_0043_2

    代表的なお酒は普通酒の寒竹で、美山錦65%のお酒で出そうです。毎日飲んでも飲みあきないお酒だそうです。確かにそれはわかる気がします。

    9.古家酒造店 深山桜

    Dsc_0032この蔵は佐久市塚原にある蔵で、佐久平駅から新幹線沿いに700mほど行った中山道沿いにあります。創業は明治24年ですからそんな古い蔵ではないですが、作ったお酒の大部分が地元の佐久で消費されるほどの生産量だそうです。 

    少量生産で丁寧な手作りで酒を造っていて、綺麗な飲み口が特徴だそうです。お酒の銘柄は昔からの深山桜と6年前から出した和和和だそうです。和和和は特約店でのみで販売しているお酒で、和の心をもって和んでほしいという気持ちで造ったそうです。 

    お写真方は蔵元の常務取締役の荻原深さんで、杜氏は別におられるそうですが、和和和は自分で仕込んでいるそうです。この蔵は酸が出やすいのでそれを生かしたつくりをしているそうです。持っていただいたのは雄山錦55%精米の純米吟醸で、落ち着いた味わいで、綺麗な酸を感じる大人のお酒でした。 

    10.千曲錦酒造 千曲錦 

    Dsc_0034この蔵は佐久市長土呂にあり、佐久平から北へ1kmほど行ったところにあります。創業は1681年だそうですが、昔は中山道の岩村田の吉田屋という屋で始めたようです。 

    この蔵には浅井戸と深井戸の二つがありミネラル量が違うのでお酒に合わせて選んで売るそうです。この蔵の杜氏の重田さんは地元佐久出身の杜氏ですが、全国新酒鑑評会で8回も金賞を取っている蔵です。従業員が20名もいるので、この地区では比較的大きな蔵だと思います。 

    写真の方は営業部長の荻原さんで、持っていただいたのは純米大吟醸生酒 吉田屋治助です。山田錦39%の大吟醸ですが、香りが高いわけではなく、うまみもすごくあるのではないけど、素直なバランスで口に広がるうまい酒でした。生坂は地元だけの販売で、都内には出ていないようです。あったら買いですね。 

    この蔵は基本的には美山錦を多く扱っている蔵のようです。 

    11.大塚酒造 浅間嶽 

    Dsc_0038この蔵は佐久ではなく小諸市にある蔵ですが、佐久酒造組合に所属しているそうです。小諸駅のそばで、千曲川を眼下にみて、浅間山をあおぐ地で、良く文化人が訪れた場所のようです。代表銘柄の「浅間嶽」は、島崎藤村が千曲川旅情の唄の中で歌われた酒だそうです。この蔵の生産量は200石以下の小さな蔵です。 

    写真の方は蔵元のお譲さまで、大塚白実(きよみ)さんで、もともと保育士の仕事を目指していたのですが、4年前にくらにもどって、後を継いで杜氏を目指しているそうです。 

    このお酒は比較的やさしくで、とげのないけど落ち着いたお酒が多いような気がしました。これから白実さんのお酒がどのように変わるかが楽しみです。  

     

    12.武重本店酒造 御園竹 

    Dsc_0039この蔵は佐久市茂田井にあるkらで、中山道の望月宿と芦田宿の中間にあるそうです。佐久平駅から中山道沿いに約10kmくらい行ったところです。 

    この蔵は昔ながらの生酛つくりを中心にお酒を造っているそうです。生酛つくりの酒は仕込みに時間と手間がかかるけれども、出来上がったお酒はいくら飲んでも飽きのこない腰の強さを特徴としているそうです。 

    写真のお方は社長の武重有正さんです。生酛つくりを続けている理由は「御園竹」の味を残したいだけでなく、伝統技術を保存したいという思いがあるからだそうです。ですから樽職人を常駐させて木の樽の制作・修理をしているとのことでした。 

    持っていただいたお酒は御園竹蔵内生熟成で、加水しない生の原酒を1年間蔵で熟成したお酒です。 これはいいですね。

    13.大澤酒造 明鏡止水 

    大澤酒造は佐久地方でははずしてはいけない蔵だと思うのですが、たまたまその日は佐久地方のブロックから離れた所にあったので、迂闊にも見落として訪問しませんでした。この蔵は武重本店酒造と同じ町にある蔵ですが、そのブランド名である明鏡止水は透明感を大切にし田飲みあきないお酒を目指しているそうです。 

    Dsc_0040そういうことで、明鏡止水のお酒の紹介はできませんでした。大澤社長さんごめんなさい。 

    この最後の写真は佐久酒造組合で13の蔵が共同して作ったSAKU13をお見せします。13蔵の若手経営者の集まり「佐久若葉会」が、米づくりから酒造りまで、共同でひとつの日本酒を醸すプロジェクトに挑戦し、2014年4月に日本初の地域共同醸造酒『SAKU13(サク サーティーン)』が完成させました。 

    最初の年は伴野酒造で行ったのですが、2015年は大澤酒造で行ったそうです。 

    写真の方は橘倉酒造の井出さんで、佐久酒造組合代表で参加されたそうです。SAKU13はうまみと酸味が揺れ動く面白い酒でした。 

    以上で佐久地方の蔵の紹介を終わります。 

     にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします。

    2015年6月 2日 (火)

    新世代栃木の酒の会では何かが見つかりますね

    新世代栃木の酒の会は今年も北千住のシアター1010で開催されました。県の酒造組合の主催の試飲会が色々なところで行われていますが、通常は一般のお客様対象の会と、酒販店・飲食店の会とははっきり分かれていています。この会も1部が酒販店・飲食店用で13時30分~16時30分、第2部が一般向けで18時30分~20時30分と別れて開催されましたが、1部の時間帯の後半の1時間をネット関係発信者用の時間を設けているのが特徴です。

    この企画は今年で13回目だそうですが、ネット関係者時間が用意された何時からかは良くはわかりません。僕は2009年のから参加しています。その当時はそのような設定はありませんでしたので、ずうずうしく一部の時間帯に参加したのを覚えています今年はネット関係者の時間帯から2部の最後まで参加しました。 

    この写真は2部の終わりのころの写真ですが、有名どころの蔵が並んでいますね

    Dsc_0062

    栃木の蔵は前々からしっかりした特徴ある酒造りをしている蔵がが多く、有機米のお酒造りで有名な天鷹、ビンテージ酒で特徴を出している東力士、香りた高い上品なお酒を造る鳳凰美田、甘さと酸味が特徴な仙禽、雄町を作らしたら凄い辻善兵衛など、あげたらきりがないくらいでした。2009年に初めてこの会に参加したら、下野杜氏集団による新しい酒が多くでて、どれを飲んでもインパクトがあったので、ブログにまとめてみたのが思い出されます。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/2009-0c61.html

    その後、北千住に移った後も、2012年、2013年と参加しましたが、一般の部で参加したので、あまり蔵元とお話ができずに、ブログには書いていません。しかし去年はネット関係の時間に参加したので、また新しい蔵とめぐり合うことができて、そのことをブログに書きました。
    http://syukoukai.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-71c9.html

    この2回で14蔵(十一正宗、惣誉、朝日栄、澤姫、姿、開花、松の寿、旭興、雄東正宗、池錦、若駒、北冠、とちあかね、門外不出)の紹介をすることができました。

    今までの僕のブログを読むと、下野杜氏のことがあまり紹介されていませんでしたので、今回改めて紹介したいと思っています。 

    栃木県の蔵の杜氏は新潟県の「越後杜氏」や岩手県の「南部杜氏」などの杜氏にゆだねてきている蔵が多いので、古来伝統の職人技術であるがために、杜氏の高齢化による後継者不足が危惧されてきました

    そこで、栃木県の日本酒の素晴らしさを末永く後世に伝えていきたい…という想いから、自主的に立ち上がった地元の若い蔵人達が蔵の枠を越えて、お互いに切磋琢磨しながら酒造技術の向上と栃木の地酒の品質向上に日々努力してきた結果、実技試験・利き酒試験・筆記試験・各種勉強会など、栃木県産業技術センターの課す厳しいカリキュラム・試験を経て、認定する新資格「下野杜氏」がスタートしたのです

    この制度が発足したのは2006年で、今年は7期目になります。第1期生には松の寿の松井さんや澤姫の井上さん、とちあかねの伊藤さんがおられて、今期にはすでに20人がその資格を取っています。資格が取れると、認定者だけが受け取れる栄光の証・エンジ色の半纏(はんてん)が着れるようになりますが単に美味しいお酒を造るだけでなく、日本酒に精通し情報発信することが求められます。 

    こうやって生まれたのが下野杜氏であり、それだけに酒造りに熱い心を持った集団だと言えます。その中で個性のある酒造りをしているのが凄いと感じました。 新世代栃木の会は2003年にスタートしたようですから、制度が発足する前から行われていたなんて凄いことです。

    今回は今まで紹介してこなかった蔵に絞って紹介したいと思います。 

    1.望 外池酒造店 

    この蔵は栃木県益子にある蔵で、江戸時代後期に近江商人がこの地で酒造りを始めたと聞いていますが、昔から岩手県の南部杜氏が伝統の技をお使って地元のための酒つくりをして、今までは燦爛というブランドのお酒を造っていました。現社長の外池茂樹さんが新しい酒として25BYから「望」という酒造り始めました。 

    望は爪先立って遠くに目をやって、明日の日本酒を考えてみようというコンセプトで生まれたお酒のようです。望はboとも書くようで、boは美味しいという意味のあるそうです。

    Dsc_0034

    写真の方は蔵人の小野誠さんです。未だ杜氏ではないけど、現在80歳になるベテラン杜氏に学んで、勉強しているそうです。小野さんは現在34歳で、埼玉県出身で埼玉県の世界鷹や、秋田の蔵で修業をしてからこの蔵に入り、南部杜氏の資格を持っているそうです。まだ下野杜氏は持っていないそうです。 

    望はどんなんつくりのお酒なのですかと聞いたら、できるだけ機械を使わないで手作業を重んじて、本醸造も含めて10kg仕込みの大箱を使った丁寧な作りをしている酒で、すがすがしい透明感のあるお酒を目指しているそうです。 

    ブースでは望の純米吟醸や純米酒が並んでいましたが、味はしっかりしているけど、さらっと入ってくるお酒でした。持っていただいたのは完熟純米酒で新種の硬さが取れて柔らかみが出ているのが気に入りました。 

    現在生産高は650石ぐらいですが、望はこれから注目してよいお酒ではないかと思いました。 

    2.柏盛 片山酒造 

    この蔵は日光市にある生産高150石の小さな蔵です。場所は上今市駅と下今市駅の間にあり、立地条件が良いので日光にいったお客が帰りにこの蔵を見学していただくことを望んでいるそうです。 

    生産高は小さいけど、駐車場は20台も入るし、大型バスも駐車できるようで、店構えも立派なので、とても小さな蔵には見えません。しかも蔵見学は無料でできるようです。 

    お写真の方は右から社長の片山貴之さん、営業部長さん、専務で杜氏の片山智之さんです。会社情報によると従業員は10名もおられるようですが、観光の人の対応で忙しいのでしょうね

    Dsc_0041

    ブースのお酒は以下の通りです。左から原酒柏盛 純米素顔、原酒柏盛 大吟醸ほほえみ、原酒柏盛 Mです。もう1本3年熟成がありました。

    Dsc_0039_2

    この蔵は薮田搾りでなくすべて槽搾りを行っています。素顔は槽搾りの無加圧で出た一番良いところの無ろ過生原酒です。適度な酸味がある味わい深い酒ですが、4合瓶で3000円以上するのはちょっと高いね。大吟醸は綺麗で優しい味わいで、Mは15℃で1年熟成したお酒でした。3年熟成酒はー5℃で3年寝かせた純米酒ですが、なかなかいいお酒でしたが、でも4合瓶で3800円は高いね。 

    この蔵は小売店販売はしておらず、すべて直売のみだそうです。それはろ過も熱処理もしていないので、小売店には任せず、この蔵で管理したお酒を直接お客様に飲んでもらいたいからだそうです。 

    確かにいろいろなタイプのお酒があり面白いですが、僕には味の統一性という意味ではどんな味を求めているのかがよくわかない感じでした。

    3.大那 菊の里酒造店

    この蔵は栃木県那須郡湯津上村にある蔵で、那須高原に南側の那須大地にあり、那珂川の支流の箒川などに囲まれた地にあります。蔵は江戸時代末期に創業されたそうですが、昭和30年に菊の里酒造と命名し、現在にいたっているようです。生産高は小さく300石位で、家族単位の人数で頑張っておられます。

    この地域は農業や稲作が盛んな地区で、大いなる那須の大地ということから「大那」というブランドをつけたそうです。この写真の方は専務取締役で杜氏の阿久津信(まこと)さんで、東京農大を卒業されて、現在40歳の方です。

    目指している酒質は究極の食中酒だそうで、しっかりした米のうまみを優しく酸が包んで、口に残らないきれを大切にしているそうです。

    Dsc_0057

    Dsc_0058この蔵は地元の那須地区で育った五百万石に絞って酒つくりをしており、蔵の8割を占めているそうです。この日は特別に新潟の吉川町産の山田錦と、兵庫県東条産にお山田錦の純米吟醸 生酒をいただきました。

    飲んでみるとどちらも米のうまみと、それを包む酸味のバランスが良いお酒でしたが、後味に残る苦味が東条産のほうが少ないように思えました。

    この二つのお米の価格は知りませんが、黙って飲むと東条産のほうに軍配が上がる気がします。

    この蔵は食中酒にこだわる気合いが感じられ、今後どのように変化していくかが、楽しみな蔵に思えました。 

    4.冨美川・忠愛 富川酒造店

    この蔵は栃木県矢板市の最南端の尚仁沢湧水を支流に持つ荒川べりにある小さな蔵です。創業は大正2年ですからそんなに古い蔵ではあしませんが、初代が「忠愛」の名で出したのが始まりだそうです。

    写真の右の方がこの蔵の専務取締役で杜氏の富川智也さんです。茨城県の蔵で修業して、蔵に戻ってきたそうで、現在31歳の若者です。蔵の生産高は300石で4人で造っていて、ほぼ限界だと言われていました。 

    でも若いけどなかなかの腕があるようにお見かけしました。お隣の女性はこの蔵のファンの方でブースのお手伝いしているそうです。

    Dsc_0044

    飲んだお酒をお見せします。ほとんどが忠愛の純米大吟醸と純米吟醸ですが。使用しているお米は愛山、山田錦、雄町、美山錦、五百万石といろいろ取り揃えていました。

    Dsc_0046

    すべてのお酒を飲みましたが、どのお酒も共通の甘みと優しさを感じますが、お米のうまみをうまく生かしている気がしました。特に愛山は口に含むとぱっとうまみが広が、すうっと消えていくお酒でなかなかのものでした。雄町は後味の伸びを感じる雄町らしさを感じました。この二つのお酒は今年は初めてトライしたお酒だそうです。初めてでこれだけの味を示すのはなかなかのものだと思いました。 

    この蔵は富美川という名前のブランドがありますが、この名前はフルネットの社長の中野繁さんがつけた名前だそうです。そのお陰か、今年で2年連続で全国新酒鑑評会で金賞を取っているそうですから、中野さんの目の付けどころの良さを感じますこれから楽しみの蔵だと思います。

    5.清開・日光誉 渡邊佐平商店

    この蔵は栃木県今市市内のある蔵ですが、標高400mもあるので夏すずしく、冬が寒いところのようです。ここは華厳の滝から流れる大谷川の扇状地にあり大変良質な地下水が豊富なところのようです。店先にこの井戸水を絶えず流しており、誰でも無料で水を汲むことができるそうです。軟水なので口当たりがすっきりしてお茶やコーヒーに合うそうです。お近くに来た時は是非汲んでみたいですね。 

    写真の方は代表取締役社長の渡邉康浩さんです。最近社長になられたばかりで、いただいた名刺には専務取締役と書いてありました。蔵の生産高は400石と小さいですが、杜氏は岩手県の南部杜氏で30年以上もこの蔵に来ているそうです。 

    Dsc_0056

    この蔵は昭和50年には純米酒を出したそうですが、その当時は2-3%くらいしか世に出ていなかったので、純米酒とは呼ばずに自然醸と呼んだそうです。今では純米酒は当たり前になったので、活性炭を使わない純米酒とうたっているそうです。

    持っていただいたのは大吟醸清開ですが、山田錦45%精米の1801系酵母を使った出品酒の原酒でしたが、なかなか出来の良いお酒でした。4合瓶で3600円しますが、飲んでみる価値はありそうです。

    この蔵が狙っているお酒は食事に合うお酒で、地元のお米にこだわりたいそうです。 

    6.菊・七水・虹乃井 虎屋本店

    この蔵は宇都宮市の中心部の栃木県庁のそばにある老舗の蔵です。創業は古く、今から230年ほど前に、この地に湧き出る「虹の井」の水をもとに酒造業を始めたそうです。この地には7つの名水があったそうで、その名前の七水もブランド名となっています。

    Dsc_0048

    この蔵の生産高は聞きそこないましたが、従業員が12名もいるそうですから、1000石以上の蔵とおもわれます。

    写真の方は杜氏の天満屋 徳さんです。昭和50年生まれだそうですから、現場40歳のベテラン杜氏です。6年前から杜氏になり、4年前に下野杜氏の資格を取っています。

    いろいろなお酒を造っておられるようですが、6号酵母を使ったプレミアム純米の雄町を飲ませていただきました。全量55%精米の雄町ですが麹割合を50%とした特殊なお酒です。6号酵母といえば新政のお酒が有名ですが、このお酒は新政と同じような綺麗な酸味があって、しかも新政より味がしっかりしているような気がしました。

    どうして6号酵母のお酒を造ろうと思ったのか聞いてみると、いろいろな酵母を使ってみたけど面白くなかったので、6号にチャレンジしてみたとの答えでした。この人の遊び心はこれから新しいお酒が生まれそうな予感がします。ぜひ新政の祐輔さんと議論してもらうと面白い気がします。

    虎屋本店とは羊羹のイメージがありますがまったく関係ありません。酒つくりではここ20年間に全国新酒鑑評会の金賞を7回も取っている蔵で、今年も連続して取った実力ある蔵です。

    これで6つの蔵の紹介は終わりますが、桜川、天鷹、仙禽、東力士は単独で蔵の紹介をブログに書いたことがありますので、まだ全く触れていないのは下記の2蔵ぐらいです。この蔵に触れれば、一応新世代栃木の酒の全蔵を紹介したことになりますので、おまけのちょっとだけ触れておきます。 

    7.鳳凰美田 小林酒造

    鳳凰美田は小山市にある蔵ですが、蔵が美田(みた)村にあったことから命名したようです。創業は明治5年で現在の生産高は1200石だそうで、今では鳳凰美田と言えばだれでも知っている有名蔵になりましたが、一時は倒産の危機もあったようです。

    5代目の蔵元の専務取締役の小林正樹さんは東京農大を卒業後、醸造試験所で2年間修業をした後、蔵に戻って全面的に設備改善を行い吟醸酒に特化した造りをして、成功したと聞いています。また下野杜氏の生みの親の一人と聞いています。

    その陰には醸造試験所に勤務されていた奥様のお力があったと聞いていますが、この会では写真のような3人の美女がブースにいましたのでパチり。さすが、お酒はどれもとてもおいしかったです。昔は薫り高いお酒の印象がありましたが、今は少し香りも抑えた大人に味になっていました。

    Dsc_0060

    8.四季桜 宇都宮酒造

    この蔵は宇都宮駅から東へ5kmほど行った鬼怒川沿いの柳田町にある蔵です。創業は明治4年で当初は四季の友と呼んでいましたが、今では四季桜と命名しています。昔から酒質の高いお酒を造っていて、ここ20年間に9回も全国新酒鑑評会で金賞と取るほどの蔵です。 

    今までおられた杜氏が高齢になり、今ではこの蔵の前社長の今井源一郎の長男である今井昌平さんが24BYから杜氏として酒造りをしています 

    昌平さんは東京農大を卒業後、熊本県の酒造研究所で修業した後、蔵に戻り蔵の杜氏の元酒つくりを学び、2007年に第2期の下野杜氏となっています。 

    今回はお酒をあまり味見をしないで通り過ぎたので、お酒の感想は書きませんが、今後青期待しています。写真方は今井さんではなさそうです。

    Dsc_0031

    以上でこのブログを終わりますが、最後にこの会のお弁当を載せておきます。

    Dsc_0051_2

    にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ ←ご覧になったら、この日本酒マークをクリックしてください。携帯やスマートフォーンでご覧の方はMobileModeではクリックしても、点数は増えませんので、PC-Modeでご覧になってクリックしてください。よろしくお願いします

    より以前の記事一覧